センター試験は鉛筆で!その理由とおすすめの濃さを徹底解説!

スポンサーリンク

そろそろ年末に近づいてきましたね。

受験生も勉強の追い込みを行っているのではないでしょうか?

 

年が明けると行われるセンター試験。

 

ほとんどの受験生が受けると言われるこのセンター試験ですが

あれこれ決まりがあるのはご存知でしょうか?

 

実はセンター試験は鉛筆で記入しないとダメなんです!

 

なぜそんな決まりなのか?

鉛筆である理由とは?

 

先に言っておきますが、

鉛筆の濃さが一番の理由ではありません!!

 

センター試験を鉛筆にこだわる理由をご紹介します!

 

センター試験は鉛筆で!その理由は?

スポンサーリンク
センター試験はシャーペンではなく鉛筆での受験をしなければダメです!

その大きな理由はマークシートです!

 

みなさん、高校の試験や模試などで

今までもマークシートを使用した事はありますよね?

 

模試や資格の試験はもちろんですが、アンケートの回答でも利用されています。

 

 

用紙を機械で読み取って入力を確認するのですが、

その際シャーペンだと機械がうまく読み取ってくれないんです。

 

その理由は

 

  • 色が薄くて機械が反応しない
  • 消しゴムで完全に消すことができない
  • 紙がへこんでしまい、塗っていない箇所を認識してしまう

 

この3点です。

 

せっかく正しい箇所を塗りつぶしたのに、

違う箇所と認識されては、せっかくの頑張りが無駄になってしまいます。

 

ただ、その可能性は一般的には極めて低いです。

それよりも、

 

  • 紙がへこんでしまい、塗っていない箇所を認識してしまう

 

という事にもっと深刻な問題があったんです。

 

ある番組で次のような実験を行った時の事・・・。

 

そのマークシートの機械で判定できる色の濃さは16が最高濃度。

鉛筆・シャープペン・ボールペンで数値を測ると・・・

 

・HB鉛筆の数値14

・HBシャープペンの数値11

・ボールペンの数値2

 

このような結果が出たそうです。

なので、シャープペンでも問題なく読み取れるんです。

 

ただ・・・。

間違えを想定して消しゴムで消した後に最後計測した所・・・。

 

・HBシャープペンの数値4

 

数値4と言うのは読み取れるということを意味します。

 

つまりダブルマークになり、不正解を連発してしまうという事!

そんなのは絶対に嫌ですよね。

 

人間の目で見ればわかるようなことなんですが、

センター試験の受験生はたくさんいます。

 

大体は5教科を受験するので、

5×受験生。計算すると解答用紙が大量です。

 

その解答用紙1枚1枚を人間がチェックするのはとても大変なため、

機械で読み取るマークシートが導入されているんですね。

 

鉛筆の濃さはどれぐらいが望ましい?

 

一概に鉛筆と言っても、

薄いのから濃いのまで幅が広いですよね。

 

マークシートでしっかりと読み取れる濃さは

H・F・HBの黒鉛筆で書いたもの。

 

それ以外の種類だと、

薄すぎたり濃すぎたりして機械が読み取りにくいです。

 

特にB以上の濃さだと、

消しゴムで消しきれないため気を付けましょう。

 

HBなら一般的な鉛筆なので、

改めて用意する必要もなさそうですね。

 

どんな鉛筆がいい?キャラものはOK?

さて、鉛筆もいろんな種類が出ていますよね。

 

シンプルな鉛筆からキャラものだったり、

受験の神様と言われる神社で販売されている鉛筆。

 

果たしてどんな鉛筆でもいいのでしょうか?

 

答えは×。

 

センター試験で使える鉛筆は、何か文章が書いていたり、

格言や単語、英単語などが印刷されている鉛筆はアウト。

 

ちなみに鉛筆のメーカーロゴは大丈夫です。

 

まるっきり無地の鉛筆はなかなか売ってないですからね。

なぜこんなに細かいのかというと、カンニング対策のためです。

 

実際に、受験生全員の鉛筆の柄まで確認する会場はありませんが、

万が一のために派手な鉛筆はやめておきましょう。

 

いざ本番、鉛筆は何本準備する?

 

さて、いざセンター試験!

鉛筆は何本用意したらよいのでしょうか?

 

明確な答えはありませんが、1本だと心配ですね。

 

床に落としてしまった場合、

試験官を呼んで拾ってもらうまで

マークシートに記入ができませんしね。

 

ちなみに、会場に持っていく平均本数は5~6本だそうです。

 

実際には1,2本しか使わなくても、

不慮の自体を考えて少し多めに持っていく人が多いようです。

 

 

あとは鉛筆削り、消しゴムなど必要なものをもっていきます。

また、持っていくものは新品よりも使いなれたものが良いでしょう。

 

センター試験の鉛筆の決まりまとめ

いかがでしたか?

 

普段はシャーペンになれていても、

センター試験本番は鉛筆を使わなければなりません。

 

センター試験を受験するのであれば、

シャーペンのほかに鉛筆で勉強するという

クセを付けておくのがいいかもしれません。

 

万全の準備をしてセンター試験本番に臨みましょう!

 

公務員試験に落ちた!落ちたら後はどうする!?民間就活もあり!?

歩きスマホをよけないのは暴行罪!?ムカついても回避すべき理由

スマホはめっちゃ汚い!なんと居酒屋トイレの5倍の雑菌!?

スポンサーリンク