靴を履くと小指の爪が当たって痛い!パンプスが痛い時の対処法!

スポンサードリンク

大人になったら絶対履くぞ!と決めていたパンプス。

でも、いざ履いてみるとなんだか小指が痛い!と悲鳴をあげた経験はありませんか?

かかとの靴擦れは、パンプスに限らず新しい靴であればある程度は覚悟するものです。

ですが、パンプスの場合はそれだけでなく指先の痛みまで気にしないといけないんです。

女性って本当に大変ですよね・・・

今回はそんな悩みを解決すべく、その対処方法についてまとめてみましたので参考にしてください。

靴のサイズは合っているのになんで小指の爪が痛くなるの!?

スポンサードリンク
まず、靴を選ぶときに注意しなければならないことがあります。

それは、足の形は人それぞれで皆違うのだということ。

お友達から

「あのブランドの○○シリーズの靴、履き心地よかったよ~」

なんて奨められても、足の形が違えば同じ心地よさは得られませんよね。

では、足の形が違うというのはどういうことでしょうか?

一般的に足(靴)のサイズを表すときには「○○センチ」と言いますよね。

これは、かかとからつま先までの長さを指しています。

多くの場合、このサイズを基本にして靴を選ぶでしょう。

ですが、足の形には幅と足の甲の高さというものがあり、これが「あの人と同じサイズのはずなのに、私にはこの靴は合わない!」というズレが生じる原因なのです。

紐などで調整できるようなスニーカータイプのものであれば、ある程度はカバーできますが、パンプスのように調整ができないデザインの靴を選ぶときには本当に苦戦します。

更に、パンプスにはつま先の形が様々なデザインがありますよね?

足のサイズ、幅、甲の高さ以外にも、もう1つ、つま先(指の長さや形)が違うために、これらのつま先の形にも合う・合わないという厄介な問題が発生します。

そのつま先の形により、同じサイズのパンプスでも痛かったり、きつかったり、大きすぎると感じることがあるのです。

次に、それぞれのつま先の形による特徴をまとめてみるので、あなたのつま先にはどれが合うか、確認してみてください。

パンプスのつま先の形、どんなものがある!?

では、パンプスのつま先のデザインについてまとめてみましょう。

それぞれの形にはそれぞれの特徴があります。

自分のつま先の形に一番合うものを探しましょう。

【ラウンドトゥタイプ】

つま先のカーブの部分が緩やかな半円を描いたような形です。

つま先の圧迫感が少ないので、多くの人に比較的合いやすい型かもしれません。

まずはこのタイプから試し履きしてみるといいですね。

また、ラウンドトゥはパンプスの「基本」「定番」なので、流行りに左右されることもありません。

この丸みが女性らしさを感じさせますし、ベーシックなデザインなので、カジュアルにもフォーマルにも合わせることができそうです。

特に親指から小指にかけて傾斜がある指の高さの場合は、このラウンドトゥが履きやすい傾向にあります。

【アーモンドトゥタイプ】

丸みのある形状ですが、ラウンドトゥよりも少しつま先がほっそりとしていて、アーモンドのように見えることから呼ばれています。

ラウンドトゥほどではありませんが、つま先の圧迫感も少ないので、パンプスに慣れていない人でも比較的履きやすい方かもしれません。

丸みもありながらもラウンドトゥより細いシルエットが、女性らしさの中に少しのクールさを兼ね備えるので、スカートはもちろんのこと、パンツスタイルにも合わせやすいですね。

ラウンドトゥ同様に、親指から小指にかけて傾斜がある指の高さの場合に履きやすい型でしょう。

【ポインテッドトゥタイプ】

つま先の先端が鋭くとがった形状です。

スタイリッシュで、足もキレイに魅せてくれますが、足指から先が細くなっているので足や指の形状によっては窮屈に感じるでしょう。

先端の細くなっている部分はつま先が入らない捨て寸の部分になるので、そこはサイズの対象とはなりません。

そのため、通常のサイズよりも大きく見えることがあります。

セクシーさもありながらカジュアルコーデにも合う上にトレンド感もあるので、オシャレなイメージが強い型ですが、捨て寸部分が多いだけに窮屈なことも多く、指や爪が痛いと感じる人も多いでしょう。

ひとさし指が一番長い場合はポインテッドトゥでも比較的指を痛めにくいようです。

【スクエアトゥタイプ】

つま先部分が角ばった形状でかっこいい印象です。

先端がとがっていたり曲線を描いていたりということがなく、女性らしさよりもクールな印象を強く受けるので、仕事のときのパンツスタイルなどに合わせて履くと、できる女のイメージになりますね。

ポインテッドトゥほどではありませんが、つま先部分を横にカットしたようになっている分、少し窮屈に感じるでしょう。

日本人にはあまりいないと言われていますが、足の指の長さがほとんど一緒という場合に合いやすい型です。

パンプスの型の種類は、大きく分けると以上の4つのタイプになります。

では、なぜ試し履きのときにはぴったりだと思っていたのに、いざ使ってみると足の小指が痛くなるのでしょうか

上に紹介したとおり、足の形や指の長さによりパンプスのつま先の型との相性も異なってきます。

それにより、指への圧迫度も異なってくるので、例えば捨て寸の多いポインテッドトゥ型のパンプスは、小指や親指が長い人には合わなくなってくるのです。

また、つま先の形があっていない上にヒールが高いと、つま先が靴の中で前滑りしてしまい、擦れたり圧迫されてしまいます。

これが小指が痛くなる一番の要因なのです。

靴のサイズが合っているのに指先が痛い場合は、つま先の形や横幅が足の形に合っていない為にヒールの高さで簡単に前滑りになってしまうからでしょう。

靴の横幅は、靴のサイズを変えても、その靴のデザインによるのでさほど変化はありません。

残念ながらそのデザインは合わないのだということになりますね。

少し高価になっても靴の専門家のいる靴屋さんに相談しながら選ぶ方が、安いものを合わずに何度も買い直すより無難かもしれません。

靴に小指の爪が当たって痛い場合はこれで対処!

パンプスに小指の爪が当たって痛いという場合は、ヒールが低くて前滑りしにくいもの、指先が圧迫されないラウンドタイプのパンプスを選ぶことが大事です。

ですが、やはり女性ですからファッションにもこだわりたいものです。

どうしてもファッションにこだわって、ラウンドトゥタイプやスクエアトゥタイプのようにつま先が細く、指先に負担のかかりやすいものを履きたい場合は、できるだけ前滑りしないように横幅のサイズをしっかり合わせましょう。

また、ヒールを低くすることで前滑りを少なくしたいという原理はわかっても、やはりヒールの高さ1つとってもファッション。

ヒールの高さも、最も美脚効果があると言われている7センチのものを選びたくなることもあるでしょう。

この場合はお助けアイテムで対処してみましょう。

指の付け根全体を持ち上げるようにして横アーチパッドを中敷として使います。

または、土踏まずを持ち上げるようにしてアーチパッドを中敷として使います。

横幅が大きすぎる靴を履くと、本来は入り込まないような狭い靴先まで指が入り込んでしまいます。

特にポインテッドトゥタイプのパンプスのように先端が狭い靴では、小指が犠牲になってしまうのです。

なので、足の形や靴の形にもよりますが、上記のような位置に横アーチパッドを中敷として使うことで前滑りをなくして指が正しい位置にいられるようにしてあげましょう。

まとめ

応急処置として中敷で前滑りを防ぐ方法を紹介しましたが、やはり前滑りの一番の原因となっているのが、幅が広すぎて靴の中で足が泳いでいる状態にあることです。

大きさに余裕がある方が痛くなさそうに感じますよね?

しかし実際は違いました。

ボールドジョイントといわれる足の親指の付け根から小指の付け根までのラインで足がしっかりと止まればベストなサイズです。

私はこのことを知るまで、前滑りはするものだとして、足首付近にストラップのあるタイプのパンプスしか履いたことがありませんでした。

ストラップに頼って前滑りをしないように誤魔化していました。

靴選びのポイントは「足の幅」です。

足の爪が潰れたり変色したりする生活にさよならして、夏にはサンダルを履いて自慢のキレイな足を披露しましょう!!

そして何より、面倒でも靴の専門知識のある店員さんと一緒に選ぶことをオススメします!!

なお、スニーカーが痛い場合についても記事にしていますので、こちらの記事をご覧くださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする