カラオケの本人映像が多い機械はDAM?それともJOYSOUND?

スポンサードリンク

カラオケに行くと必ず迷う機種問題ですが、みなさんはどのように選択していますか?

多くの場合DAM(ダム)かJOYSOUND(ジョイサウンド)のどちらかでしょう。

では、この2つの機種でどちらを選ぶか。

基準にするポイントは人それぞれだとは思いますが、今回はどちらが本人映像が多いかということについて調べてみようと思います。

今後カラオケの機種選びで迷ったときの参考にしてくださいね!

DAMとJOYSOUNDの特徴とは?

スポンサードリンク
現在では業務用のカラオケの機種はこのDAMとJOYSOUND の2種類しかありません。では、この2種類の機種でどちらも空いていると言われた場合、みなさんの選ぶ基準はなんでしょうか?

音の質の良さや曲の多さ、コンテンツなど選ぶポイントは様々ですが、本人映像の曲の多さも選ぶ上で重要視する人も多いでしょう。

私の場合、本格的に歌うためにカラオケに行くというよりも、その場の雰囲気を楽しむことを優先してしまいます。ですので、音質だとか曲数の多さなどを重要視するよりも、詩に合ったドラマ仕立ての映像を楽しんでいます。

そこに、画面に本人の映像が出てきたらそれはもうテンションMAXです!!

自分が歌っているときだけではなく、友人が歌っているときでも楽しくなるので画面の映像のクオリティが高いに越したことはないなぁと思っています。

では、DAMとJOYSOUNDではどちらが本人映像が多いと思いますか?

また、それ以外にもこの2つの機種には少しずつ異なる箇所はあり、それぞれに特徴が出てきます。

まずは、全体的な特徴をまとめていきましょう。

DAMは入っているお店が多い、JOYSOUNDは曲数が多い、などがあげられると思いますが、今回は一目瞭然となるように、ズバッと表にして比較していきますよ!!

2018.02現在

カラオケ機種 DAM JOYSOUND
メーカー ㈱第一興業 ㈱エクシング
機種 LIVE DAM STADIUM(最新機種)

LIVE DAM

Premier DAM

BB cyber DAM

JOYSOUND MAX2(最新機種)

JOYSOUND f1

CROSSO(クロッソ)

HyperJoy WAVE

総曲数(最新機種) 20万曲以上 28万曲以上
本人映像(最新機種) 5,500曲以上 6,000曲以上
音質(最新機種) YAMAHA音源

ライブサウンド

ハイレゾカラオケ

アリーナサウンド

特徴(最新機種) ●デュアル映像。

●精密採点。

●スマホアプリでギター演奏で参加できる。

●好きな背景映像を選べる。

●スマート予約。

●CD化できる。

●UGAの後継。

●全曲ルビ振り機能。

●ボーカロイドやインディーズ楽曲、東方系楽曲などマイナー曲の充実。

●いろいろなアーティストと契約しているため、映像も充実している。

この表を参考にしながら、それぞれの機種についての違いを掘り下げていきましょう。

カラオケの本人映像が多い機械はDAM?JOYSOUND?

どちらも毎月新しく楽曲が配信され次々と更新されていくので、正確な曲数は分かりにくいのですが、上記の表を見る限りでは、曲数はJOYSOUNDの方がDAMよりも多くなっています。

また、本人映像もJOYSOUNDが少し多いのは間違いないようです。

表の中の特徴にも

「いろいろなアーティストと契約しているため、映像も充実している」

との記載があるので、まさかこのアーティストが!?というような映像にも出会えるかもしれませんね♪

では、映像に関する情報についてもう少し細かくまとめていきましょう。

アニメ映像が多いのはJOY,LIVE映像が多いのはDAMって本当?

JOYSOUNDの方がアニメ映像が多く、DAMの方がLIVE映像が多いとよく耳にすることはありませんか?

この情報、どちらも本当なのでしょうか!?

アニメの曲数自体はメジャーなアニメであれば同じくらいでしょう。

ですが、JOYSOUNDの方がマイナーなアニメが多いようです。

そのため、全体的にアニメ映像に関して喪JOYSOUNDの方が多い印象になるのでしょう。

一方、ライブ映像ですが、こちらもメジャーなアーティストではあまり変わらないかDAMの方が多いくらいです。

ですが、JOYSOUNDの方がサポートしているアーティストの数が多く、そういったアーティストの中には、まだあまりメジャーでないアーティストも含まれてきます。

また、こういったアーティストは本人映像としての出演も多く、LIVE映像にこだわることなく出演していることが多いようです。

そのため、本人映像の種類としてはJOYSOUNDの方が多く感じますが、DAMではアーティストがこだわりぬいたLIVE映像がメインとなるので、DAMの方がLIVE映像が多いという印象になるのでしょう。

もちろん、種類や多さよりも、自分の求める映像やアーティストが出演しているかどうかによっても、DAMが良いかJOYSOUNDが良いかわかれるところだと思います。

最新カラオケは本人映像が多い以外のメリットも!?

DAMでもJOYSOUNDでもどちらでも言えることですが、各メーカーの中の最新機種が一番曲数も多く、音質もキレイで、本人映像も多くなってきます。

また、コンテンツも充実していますし、よりカラオケを楽しめるようになっています。

なので、特にどちらのメーカーが良い!というこだわりを持っていない場合であれば、最新機種がある方を選ぶ方が間違いはないでしょう。

あとは好みにもよりますが、精密な採点やメジャーなアーティストの楽曲が良いならDAMの方が良いでしょうし、マイナーな楽曲やアーティストを歌いたいならJOYSOUNDの方が良いでしょう。

その他の特徴の違いと言えば、DAMではCD化したり録音機能が付いていたりする機種があるので、デモテープを作ったり、何かのイベント用で使用したりと多彩な利用方法ができますね。

また、DAMしか入っていない店舗も多いので、JOYSOUNDの方が良いという場合には事前にお店の情報をチェックしてから来店する方が確実でしょう。

お目当てのアーティストの本人映像の有無を知る方法!

 

どうせなら、お気に入りのアーティストの本人映像が配信されている方がうれしいですよね。

また、ファンではなくても「あのPVが気になるなぁ」と、ちょっと見てみたいとおもう本人映像があれば気分も上がるものです。

たとえば、ジャニーズタレントの本人映像はそれぞれのグループの所属先のレコード会社によって本人映像配信の有無が替わってきますし、期間限定で配信することもあります。

以前、Kinki Kidsがデビュー10周年ということで配信されたPVは期間限定でしたが、好評だったため、期間を延長して1年以上配信されていました。

このように、同じ事務所のタレントでも本人映像がある場合とない場合があったり、配信期間が限定だったり変更になったりと、確実性がないので、本人映像を目的にカラオケに行くという場合には、事前に各メーカーのサイトでチェックしておくことをおすすめします。

JOYSOUND:映像コンテンツ配信情報

https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/video

ClubDAM.com:本人映像 今月の最新配信曲

https://www.clubdam.com/app/dam/dam/bbcontents/honnin.html

AKB48やEXILEのように、イベントや結婚式の余興で披露する予定がある場合などでは、ダンスをする本人映像があると本当に助かります。

また、参加者の中にカラオケに興味がない、カラオケは苦手だ、という人がいる場合でも、誰かが本人映像のものを歌えば、映像を見ながら少しは楽しんでもらえるかもしれません。

やはり、本人映像の有無は機種選びのポイントとしては外すことができないように感じますね。

まとめ

カラオケで好きな歌を大声で歌うと、日頃のモヤモヤを吹き飛ばすことができたり、ストレス発散になるという人も多いでしょう。

また、飲み会の後の二次会ではカラオケに行く!という人や、放課後や休日には友達とカラオケで盛り上がる!という学生さんも多いでしょう。

大人数で行く場合には、機種はどれがいい!などと注文するよりも、とにかく大人数が収容できる部屋を確保することがメインになってしまいます。

ですが、少人数でカラオケに行く場合で、機種の選択が可能な場合には、今回ご紹介した本人映像の内容を始め、それぞれの機種の特徴の中から好みのものを選んでみてください。

もっともっと楽しいカラオケタイムを過ごすことができますよ!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする