ビジネスマンに人気の時計をご紹介!40代に似合う時計は?【必見】

スポンサードリンク

腕時計は老若男女問わず身に付けている人が多い、生活の必需品と言えますね。

40代のビジネスマンということに限って言えば、ビジネスシーンでもプライベートでも人の視線を気にした「相応しい」と思われる腕時計を身に付けたいものです。

多くのブランドがあり価格帯も幅広く、選ぶのが難しい面もありますが、その中でも、比較的手頃な値段で購入できる腕時計をピックアップしてみたいと思います。

ビジネスマンに人気の時計は?40代編!

スポンサードリンク
一生使える腕時計を購入するのが40代とも言われています。

長く使えるもの=高価な時計という構図になるのでしょうが、何十万円・何百万円の時計を購入するのは、そう簡単なものではありません。

「ロレックス」「オメガ」「タグホイヤー」など、世界に名だたる海外ブランドの時計はなかなか手が届きませんよね。

そこで、10万円を上限としてブランドをチョイスしてみました。

腕時計のベルトは「革」「メタル」に大別することが出来ます。

正装でレセプションに参加などと言う場合を除いては、ベルトの種類はそれほどシーンを選びません。好みで選ぶと良いでしょう。

ちなみに筆者は、メタルバンドでは肌が負けてしまうため必然的に革ベルトにしています。

内部の仕組みについては「機械式」「クォーツ式」がありますが、これもどちらが優れているとかということはありません。ご自身の好きな方を選ぶと良いでしょう。

避けるべきはデジタル式です。カジュアルな印象を受けやすくなります。

アナログを選んだ方が無難でしょう。

TISSOT(ティソ)ヘリテージ・ヴィソディト シリーズ

腕時計が好きなら誰もが知っているブランドですね。

高級な腕時計というイメージが強いですが、7万円~10万円で手が届きます。

革ベルトがメインで、文字盤の色は白と黒があります。

クラシカルな見た目や風合いなど「高級腕時計」に恥じないルックスも持ち合わせています。

HAMILTON(ハミルトン)ジャズマスター シリーズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハミルトン(HAMILTON )ジャズマスター オート H32565555【新品】
価格:85800円(税込、送料別) (2018/3/3時点)

全体的に重厚感を持たせたルックスが特徴です。

古き良きアメリカを連想させますが、斬新なデザインもふんだんに取り入れられており、ビジネスからプライベートまで様々な場面で活躍してくれる時計です。

価格帯は3万円~10万円と幅が広く、種類も豊富で気に入ったものが見つかるでしょう。

SEIKO(セイコー)スマートスピリット シリーズ

日本を代表する時計ブランドとも言えるのがセイコーです。

スマートスピリットシリーズは、ビジネスマン向けに作られた時計です。

日本のメーカーが日本のビジネスマンに向けて作ったのですから、デザインは間違いないと言えるでしょう。

価格帯も1万円~3万円なので、比較的手軽に購入出来て、おしゃれを演出してくれるはずです。

KATHARINE HAMNETT LONDON(キャサリンハムネット ロンドン)クロノグラフ

筆者は一度だけ腕時計をプレゼントされたことがあります。

それが「キャサリンハムネット」のクロノグラフです。

もらった当時はブランド名もよく知らず、有難みも薄いものでした。

面が大きく厚みもあり、堂々した風格がありました。

ビジネスシーンでは何度か声をかけられたこともあります。

価格帯は3万円~4万円なので手が届きやすいでしょう

(筆者はいただいたのですが。。。)

CASIO(カシオ)G-SHOCKシリーズ

もう一つ日本のメーカーを。「G-SHOCK」は時計に詳しくない人でも名前くらいは聞いたことがあるくらい、とても有名なブランド。

ややカジュアルな印象はありますが、そこは知名度の高いブランド。

嫌味に感じ取られることは少ないでしょう。

ビジネスシーンでもよく見かけますし、カラーリングに注意すれば、スーツに合わせてもそれほど違和感はありません。

価格帯は1万円~3万円前後です。

プライベートでも活躍するでしょう。

時計のお手入れ方法は?出来る男はやっている!?

皆さんは腕時計の手入れはするでしょうか。

腕時計は直接肌に触れるもの。

手入れはこまめにやりたいものです。

下着は毎日取り換えますよね。

時計を毎日取り換えるわけには行きませんから、ちょっとした手入れでいいので、毎日してあげるように心がけましょう。

では、そもそも手入れはどうするの?ということになりますが、一番に手入れすべきものは「ベルト」です。

メタルベルトの場合はと言うと、汗や油が付着し、それが原因でホコリも呼び込んでしまいます。

時間が経ってしまうと取れにくくなるので、日々のちょっとした手入れが大事になります。

専用の器具がなくても大丈夫。

歯ブラシさえあれば手軽に手入れ可能です。

汚れが目立たない時は水を含ませてこするだけで十分。

少し汚れが目立つのであれば、中性洗剤を少し含ませてこするだけで汚れが取れます。

メタルベルトの隙間に付いて取れにくくなった汚れは、つま楊枝などで丁寧に取ってあげましょう。

頑固な汚れにはステンレス専用のクリーナーなどを使うのも効果的。

革ベルトは湿気にも乾燥にも弱いデリケートなものです。

濡れたと思った時は、柔らかい布で革を押すように拭いてあげましょう。

こすると表面に傷がつきやすく、痛みが早まる原因にもなるので止めた方が無難です。

汚れと共ににおいも気になるようなら、ぬるま湯に中性洗剤を混ぜ、手洗いします。

その後自然乾燥で乾かします。

ドライヤーを使うと痛みや劣化の原因になるのでそれは止めましょう。

まとめ

腕時計は人の顔を表すとも言われます。

40代のビジネスマンなら顔とも評される腕時計には気を遣ってもらいたいもの。

また、気に入った時計なら日常の手入れにも気を付けたいところです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする