土用にしてはいけないことって何?これであなたも開運間違いなし!

スポンサードリンク

皆さん、土用と聞くと真っ先に思い浮かぶのは「土用の丑の日」だと思います。

土用の丑の日=うなぎを食べる日、としての認識が強いと思いますが、実は土用は18日間続き、年に4回もあるというのはご存じでしたか?

今回は、そんな土用にはやってはいけないと言われている事について、お話していきたいと思います。

土用にしてはいけないこととは?気を付けることとは?一気にご紹介

スポンサードリンク

土に関係すること

土用の期間中は、土の中に土公神様がおられるので、その間に土をいじると神様の怒りを買うと言われています。

木を植えるなどの土いじりはもちろん、建設や井戸掘り、土葬などもやってはいけないとされています。

土用の期間中は、土に関係することはなるべく避けるようにしましょう。

方角に関すること

この時期は、どの方角もあまり良くないとされているので、引っ越しや旅行も控えた方が良いとされています。

年に4回ある土用ですが、それぞれの時期に特に良くないとされている土用殺方位という方角があります。

冬の土用は東北、春の土用は東南、夏の土用は南西、秋の土用は北西が土用殺方位となります。

それぞれの期間中に、土用殺方位の方角へ大勢で行くと、より凶作用が強くなると言われています。

できるだけその方角には行かないように気を付けましょう。

新しいことを始める

土用の期間中に新しいことを始めても、長くは続かないと言われています。

新事業の開始や転職、結婚や結納など、新しい何かを始めるのは、土用の期間中は避けた方が良いでしょう。

このことには由来があり、土用の時期はちょうど季節の変わり目にあたります。

今ほど医学が発展していなかった時代には、少しの体調の変化がどう影響を及ぼすかわからない、油断のならない環境でした。

そのため、体調の崩しやすい時期である季節の変わり目には、新しいことは始めずにゆっくりと過ごすようにしていたのではないかと言われています。

冷たい物や生ものを食べる、暴飲暴食

こちらにも、季節の変わり目が深く関係しているようです。

体調の崩しやすい時期に、冷たい物や生ものを食べるとより体調を崩しやすくなる、という考え方からきたものだと思われます。

また、体調管理をしっかりと行うためにも、食生活に気を付け暴飲暴食はやめた方が良いとされていたのでしょう。

喧嘩や言い争い

この時期に喧嘩や言い争いをすると、泥沼になってどうにもまとまらないという言い伝えがあります。

詳しい由来はわかりませんでしたが、風水でもこの時期は人間関係のトラブルが起きやすい期間だと言われています。

相手との関係を壊さないためにも、喧嘩や言い争いを始める前に一度冷静になることを心掛けましょう。

土用の丑の日についてはこちらをご覧ください。

どうして土用期間はしてはいけないことがたくさんあるの?

上記にもあった通り、土用の期間中は土の中に神様がおられると言われています。

その間に土いじりをしたり、引っ越しや旅行をしたりすると、神様に失礼にあたり怒りを買ってしまうため、やってはいけないとされています。

また土用は、体調を崩しやすい季節の変わり目の時期でもあるため、体調を崩さないよう体の負担を減らすために、避けた方が良いとされていることもあります。

つまり、昔の人の考え方や習慣が色濃く残った結果、土用にやってはならないと言われていることが、たくさんあるのですね。

土用にした方が良いことってどんなこと?

土用にしてはいけないこともたくさんありますが、やった方が良いこともあります。

例えば、衣替えや季節に合わせた模様替えをしたり、消化の良いものを食べゆっくりと休んだりなど次の季節の準備や体を休めることを行うと、良いとされています。

あとは皆さんの良く知る、うなぎなどのうが付く食べ物を食べると良いなどがあります。

土用の期間中は活発的に動くよりも、次の季節の準備期間だと思ってゆったり過ごすようにすると、良いかもしれませんね。

まとめ

土用にやってはならないことって、意外とたくさんあるのですね。

どうしても避けられないものもあるでしょうが、土いじりや引っ越し、新事業など前もって予定が立てられるものは、できるだけ土用の期間は避けた方が良いでしょう。

皆さん季節の変わり目には、体調に十分注意をしてくださいね。

スポンサードリンク