レターパックライトは保証がないって知ってた?デメリットは何?

スポンサードリンク

ちょっとしたものを手早く送りたい時には、レターパックライトがとっても便利ですよね!

一律360円で日本全国どこでも配達してくれます。

そんなお手軽なレターパックライトですが、実はデメリットもあるってご存知でしたか?

今回はレターパックライトの意外なデメリットや、おすすめの保証付き郵便についてご紹介したいと思います。

レターパックライトは保証がないって本当?意外と知らない落とし穴

スポンサードリンク

レターパックライトを利用したことがないという方のために、まずはレターパックライトについて少し説明させていただきたいと思います。

レターパックライトとは、A4ファイルサイズで3cm、4kgまでの荷物を、全国一律360円で送ることができるサービスです。

追跡サービスが付いているので、荷物の配達状況を把握することができ、送った荷物は相手の郵便受けへと届けられます。

レターパックライトは信書なども届けることのできる、便利でお得なサービスです。

そんなレターパックライトですが、デメリットもいくつかあります。

レターパックライトは損害賠償の対象ではなく、万が一荷物に何かあっても保証はありません。

また追跡サービスで配達状況は把握できますが、相手に届いたかどうかをはっきりと確認する方法はありません。

信書が送れるといっても、保証がないとなると少し不安ですよね。

大切な荷物を送る場合や、きちんと相手に届いたか確認したい場合には、レターパックライトは少し不向きかもしれません。

では、重要な書類や高価なものを送りたい場合、どんな方法で送るのが、良いのでしょうか?

保証付きで郵便物が送りたいなら何が一番おすすめ?

保証付きで郵便物を送りたいという方には、ゆうメールまたはゆうパックがおすすめです。

1~2冊の本や冊子、CDなどを送りたい場合にはゆうメールが最適です。

ゆうメールは、3kgまでの本や冊子などの印刷物、CDやDVDなどの電子媒体を送ることができるサービスです。

ここで注意が必要なのですが、実はゆうメール自体には保証は付いていません。

ゆうメールにはオプションサービスを付けることができ、そのオプションの中に「書留」があります。

ゆうメールを出す際に、書留の申し出をしておけば、荷物に何かあった時、実損額を賠償してもらえます。

このようにオプションサービスを利用することによって、あとから保証を付け加えられるサービスもあります。

ただし、ゆうメールは印刷物以外のものには利用できないので注意してくださいね。

ゆうメールに入らないもの、または対象外のものを送りたい時には、ゆうパックを利用するのがおすすめです。

ゆうパックは170サイズ(縦+横+高さが170cm以内)、重さ25kgまでの郵便物を送ることができます。

配達予定日から10日以内であれば、希望の日付と時間を指定することもでき、代金引換や着払いなどのオプションサービスを利用することもできます。

ゆうパックをそのまま送る場合は、保証は最高30万円までとなりますが、セキュリティサービスというオプションを利用すると、最高50万円までの実損額を賠償してくれます。

セキュリティサービスとは、引き受けから配達までを常に記録し、荷物に何かあった場合に賠償してくれるサービスです。

こちらのオプションも書留と同じく、予め申し出をしておく必要があります。

高価なものを送る場合には、こちらのセキュリティサービスも付けておくことをおすすめします。

ゆうメールやゆうパックなどを利用する際には、いくつか注意しなければいけない点もあります。

ゆうメール、ゆうパックともに信書を送ることはできません。

もし保証付きで信書を送りたいという場合には、一般書留を利用することをおすすめします。

ゆうメール(書留)、ゆうパック、一般書留のいずれを利用する場合にも、予め損害要償額の申し出をしておく必要があります。

この申し出をしなかった場合、賠償額が下がる場合もありますので、必ず行っておいてくださいね。

まとめ

郵便物を送る際、できるだけ送料を抑えたいと思う方も多いと思います。

ですが少し料金が高くなっても、保証付きのサービスの方が安心できますし、何かあった時も相応の賠償を得られます。

後悔しないためにも、大切なものを送る場合には、きちんと保証の付いたサービスを利用しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする