ひなあられの作り方はとっても簡単!揚げずに作る方法も!?

スポンサードリンク

3月3日の雛祭り。

きれいな雛人形や桃の花などを飾り、女の子の健やかな成長を願う、日本の伝統行事です。

そんな雛祭りに食べられているものといえば、ちらし寿司や菱餅等も非常に有名ですが、子どもが大好きなものといえば、やっぱりひなあられですよね。

実はこのひなあられ、とっても簡単に手作りできるってご存知でしたか?

今回は簡単にできるひなあられの作り方や、揚げずに作る方法などをご紹介したいと思います。

今年の雛祭りは、手作りのひなあられでお祝いしてみてはいかがでしょうか?

ひなあられの作り方

スポンサードリンク

それでは早速ひなあられの作り方をご紹介していきたいと思います。

今回は切り餅で作る場合と、もち米で作る場合の2パターンをご用意致しました。

お好みの方を選んで作ってみて下さいね。

切り餅の場合

ご用意する材料はこちらです。

・切り餅 2個

・砂糖 25g

・食紅 少々

・水 大さじ1/2

・揚げ油 適量

食紅は2~3色ほど用意すると、カラフルで可愛いらしくなります。

一般的には赤、黄色、緑などの色がよく使われています。

また色だけでなく、味も色々楽しみたい方には以下の材料がおすすめです。

・抹茶粉

・ココアパウダー

・きな粉

・シナモン

・スキムミルク

スキムミルクは単体でももちろん使えますが、他の着色料と混ぜて使うと、色も味もやわらかくなります。

それでは作り方にうつっていきたいと思います。

1.

まず切り餅を小さく切り分けていきます。

切り餅を横半分に切った後、厚みを半分にします。

それを小さなサイコロ状に切り分け、5~8㎜角になるようにしていきます。

2.

お餅を乾燥させます。

ザルなどに、お餅が重ならないように広げて置き、透明感が出るまで3~4日ほど乾燥させます。

3.

お餅がカラカラに乾いたら、油で揚げていきます。

180度に加熱した油に、切り餅を入れていきます。

お餅が膨らみ、カリッと揚がったらキッチンペーパーなどで油を切りましょう。

4.

最後にあられに色を付けていきます。

フライパンに砂糖、食紅、水を入れ沸騰させます。

沸騰して砂糖が完全に溶けたら、あられを加え菜箸で混ぜます。

全体的に砂糖がしっかり絡んだら火を止めます。

あられ同士がくっつかないように、クッキングシートなどに広げて置き、冷めたら完成です。

もち米の場合

もち米で作る場合の材料はこちらです。

・もち米 1カップ

・粉砂糖 大さじ4

・食紅 少々

・揚げ油 適量

もち米での作り方

1.

もち米を油で揚げていきます。

180~200度の油に、もち米を入れていきます。

この時一度に全部入れるのではなく、何回かに分けて入れるようにしましょう。

もち米がパチパチとはじけてきたら、すぐにキッチンペーパー等の上にあげて油を切ります。

そのまま少し冷ましましょう。

2.

粗熱がとれたら色付けをします。

粉砂糖と食紅等の着色料を入れたポリ袋に、あられを入れて袋を振っていきます。

全体に色がついたら完成です。

ひなあられを揚げずに作る方法

それでは次に、ひなあられを揚げずに作る方法をご紹介していきたいと思います。

この方法なら、お子さんと一緒にひなあられを作ることもできます。

材料とお餅を乾燥させるところまでは、揚げて作る場合と同じ手順になります。

1.

乾燥したお餅をオーブンで焼いていきます。

天板の上にクッキングシートを敷き、お餅同士がくっつかないように並べていきます。

160度のオーブンで約20分間焼きます。

オーブンによって多少時間が変わってくるので、まだ柔らかい場合は様子を見ながら再度オーブンで焼いてみて下さい。

2.

あられに色を付けていきます。

フライパンに水と砂糖を入れ、加熱していきます。

沸騰したら少し煮詰めて、軽く色がついたら火をとめます。

フライパンにあられを入れ、絡めたら少し冷まします。

冷めたら食紅などの着色料が入ったポリ袋に入れ、袋を振って全体にまぶしていきます。

これで完成です。

まとめ

雛祭りは女の子にとって、特別なお祝いの日です。

伝統や歴史などはまだ理解できなくても、大人になった時に楽しかった思い出として、記憶に残るのではないでしょうか。

そんな雛祭りの思い出作りとして、ぜひ親子で雛あられづくりにチャレンジしてみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする