寄せ書きアイデアのデザイン集!変わり種アイデアが盛りだくさん!

スポンサードリンク

寄せ書きと言えば、真っ白な色紙に色々な人がメッセージを書いてくれるのが一般的だと思います。

心のこもったメッセージがたくさん書かれていると嬉しくなりますよね。

その寄せ書きですが、ちょっとした工夫や発想でより華やかでオシャレになります。

色紙の見た目を変える方法もありますし、色紙を使わない寄せ書きもあります。

様々なアイデアについてまとめてみました。

普通から変わり種まで!寄せ書きアイデアまとめ!

スポンサードリンク

色々な人の気持ちがこもったメッセージが書いてある色紙、それだけでも価値のあるものです。

定番は真っ白な色紙ですが、色紙に少しこだわりを持たせてあげると、ひとつ上を行く寄せ書きになりますよ。

マスキングテープやシールを貼る

縁にマスキングテープを貼ることで、際立った色紙になります。

数種類のマスキングテープを組み合わせると、とても鮮やかな色紙になるのではないでしょうか。

また、大き目の色紙であれば、マスキングテープを組み合わせて貼ってメッセージ欄を作ってあげても面白いと思います。

可愛らしいシールを貼ってあげてもオシャレを演出できます。

シールを貼る時にひとつ気を付けたいのは、メッセージを書く前に貼ってしまうと、書くスペースがなくなってしまいかねないので、みなさんにメッセージを書いてもらった後に、シールを貼ってあげるとよいと思います。

貼り過ぎは止めましょうね。

主役はあくまでもメッセージなので、シールはあくまでも脇役と心がけましょう。

じゃばらタイプの色紙

要するに色紙が何枚もあります。

部署単位やグループ単位に1枚を使ってあげると、メッセージも見やすいですよね。

メッセージを書くスペースも多くあるので、イラストを描いたり好きなキャラクターのシールを貼ったりしてもよいと思います。

1枚目の色紙を表紙っぽくアレンジしてあげると、ちょっとしたブックレットっぽい出来栄えにもなります。

顔写真を貼る

メッセージと共に顔写真を貼るのも、オリジナリティあふれる寄せ書きになりますよ。

真ん中に集合写真を貼って、その周りに各個人の顔写真があれば、いつまでも取っておきたくなるでしょうし、見返したくなる寄せ書きが完成します。

寄せ書きアイデアは色紙以外にも色々とある!?

寄せ書きは何も、色紙を使わなければならない、というわけではありません。

使用用途の違うものでも、ちょっとした発想で寄せ書きになっちゃいます。

単語帳

色々なタイプの単語帳が出ているので、「可愛らしい」「カッコいい」と言った見方で選んでみるのも面白いでしょう。

ひとり一枚メッセージを書くのでもらう人も分かりやすいですし、寄せ書きを集める方も、期限を決めてみんなに配ればいいのです。

色紙のように、ひとつのものを回すより時間もかかりません。

クラフト用紙

基本的に色が茶系なので、色紙よりもカジュアルな印象があります。

色紙とは一味違った、思い切ったデコレーションも出来そうですよね。

大きさの種類も豊富ですし、ちょうどよい大きさがない場合は、カットして使うことも出来ます。

フォトアルバム

各人にメッセージカードを書いてもらい、そのメッセージカードをフォトアルバムにはめ込んでいくだけです。

フォトアルバムの特性を生かして、顔写真とメッセージカードを入れるのもありだと思います。

表紙や各ページには、マスキングテープや小さめのシールなんかを貼ることでデコレーションも可能です。

メッセージカードにあまり凝る必要はなく、上で紹介したクラフト用紙やデザインペーパーをカットして使うことで十分だと思います。

まとめ

ひと手間・ひと工夫することで、オリジナリティの高い寄せ書きが出来上がります。

渡す以上はいつまでも持っていてもらいたいですし、度々見返してもらいたいもの。

そうなると多少インパクトがあった方が覚えてもらいやすいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする