夏休みの工作で簡単に作れる高学年向けのアイディアを集めました!

スポンサードリンク

夏休みを待ち望んでいる小学生は多いことでしょう。

筆者もワクワクしながら待っていたことを思い出します。

とは言え…宿題や自由研究もやらなければならず、遊んでばかりもいられません。

特に自由研究は、何を作ればよいかは頭を悩ませるところ。

そこは発想を変えて、お父さんと一緒に工作を作るのはどうでしょう。

凝ったものを作るに越したことはありませんが、発想次第では、単純でも遊び心たっぷりのおもちゃを作ることができます。

そんなアイディアについてまとめてみました。

夏休みの工作を簡単に作りたい!手作りおもちゃ3選をご紹介!

スポンサードリンク

ランタン

本物のランタンを作ると、時間と材料費がとてもかかりますが、ここで紹介するのはあくまでもおもちゃ。

空になった牛乳パックを使えばできてしまいます。

牛乳パックをよく洗います。

ここは端折らないでくださいね。

牛乳の臭いって意外としつこいのでしっかりと洗いましょう。

お母さんにお願いすると間違いないかも(^_-)-☆

牛乳パックをよく乾かし、表面の「ラミネート」部分を、下地が残るようにきれいに剥がしましょう。

この下地に、好きな絵や形などの切り込みを入れます。

仕上げに、100円ショップなどで売っているLEDの電球などをセットすると、切り抜いた絵がライトで浮かび上がって、とてもよい見栄えになります。

「簡単すぎて工作じゃない」そう思われるかもしれませんね。

一番のポイントは「切り絵」の部分でしょう。

頭で思い描いたものを、その通り切り抜くのは意外と難しいもの。

また、ランタンとして映えるデザインも、ちょっと頭を使うかもしれません。

お父さんと一緒に考えてみるのも楽しいかもしれませんよ。

カレンダー

カレンダーと言えば、紙でできたものが一般的ですが、今回は「夏休みの工作」として身近にあるものでカレンダーを作ります。

コルクボード(A4サイズ)、ペットボトルのキャップ(31個)、プラスチック画鋲(プッシュピンでも可)、修正テープ、マスキングテープ。

これだけの材料があればできてしまいます。

一番苦労するのはキャップを31個集めることでしょうか。

ほかのものはすべて100円ショップで購入できます。

まずはキャップの表面にプリントされている文字を修正テープで消します。

そこに1~31の数字を書いていきます。

手の込んだものを作りたいなら、この部分に柄の薄いマスキングテープを使うのもよいでしょう。

キャップの側面にマスキングテープを貼って、さらにデコレーションをすることもできます。

コルクボードに「SUN、MON・・・SAT」と書いたマスキングテープを貼って、曜日の位置を決めます。

日数分のプラスチック画鋲を刺し、そこにキャップを掛ければカレンダーの出来上がりです。

「SUN」「SAT」の部分をそれぞれ「赤」「青」にすれば、カレンダーっぽくなりますね。

コルクボードのレイアウトはお父さんに任せて、日付の装飾などを子供がやるなど、分担すると楽しいかもしれませんよ。

スマホスピーカー

スピーカーと言う名前ですが、実はとっても簡単です。

大きめの紙コップ2個とラップの芯があればできてしまいます。

紙コップの横側にラップの芯を差し込む穴をあけます。

この紙コップを、ラップの芯の両端に取り付けるだけです。

ラップの芯にはあらかじめ、スマホを差し込んで立てておけるくらいの穴をあけておきます。

あとはスマホを芯に差し込んで音楽をかけると…スピーカーになってしまうのです。

ここで紹介した中で一番労力もお金もかかりません。

高学年には簡単すぎるかもしれませんが、これで完成ではありません。

紙コップも芯も真っ白なので、装飾し放題です。

淡白な色合いのスピーカーを大胆かつおしゃれにデコって、世界に一つのオリジナルなスピーカーへ変身させちゃいましょう。

夏休みの工作を簡単に作りたい!ペットボトルを使った工作をご紹介!

空気砲

ちょっとした理科の実験感覚も味わえるおもちゃです。

500ml.のペットボトル、大きめの風船、ビニールテープ、カッターがあればできます。

まずはペットボトルの底の部分を切り落とします。

切り口の部分にビニールテープを貼って断面を覆います。

風船を上下半分にカットし、風船の上の部分でペットボトルの切り口を覆います。

風船とペットボトルが分離しないように、ビニールテープでしっかり貼って固定します。

これで完成です。

風船のゴムの部分を強弱付けて引っ張ると、風の強さが調節できます。

このままではペットボトルの素材の色が剥き出しなので、テープを貼ったり色を塗ったりすることで、カッコいい空気砲にデコレーションすることができます。

砂時計

これも手軽にできちゃいます。

ペットボトルは2本使いますが、出来るだけ背の低いものを選ぶと、見栄えもよいです。

片方のペットボトルに適量のビーズを入れ、ペットボトルの口に、3~4枚重ねたラップをピンと張った状態で被せます。

口の中心にビーズより少し大きい穴をあけます。

逆さまにしてビーズが出る時間を計ります。

これで何分の砂時計かが決まるので、手間を惜しまずにやりましょう。

時間が決まったら、被せたラップをしっかりとビニールテープで固定。

もう片方のペットボトルも、同じ要領でラップを被せます。

気を付けなければならないのは、それぞれのペットボトルの穴は、同じ位置に来るようにしてください。

穴の位置が決まったところで2つのペットボトルの口を合わせ、ビニールテープでしっかりと固定。

マスキングテープなどで装飾すると、さらにオリジナリティがあるものに仕上がります。

「1分」「3分」「5分」など、何種類か作るのも面白いかもしれません。

まとめ

工作には時間や手間がかかるイメージがありますが、アイディア次第で簡単に作れてしまいますね。

しかも作りっぱなしではなく、長く使えるものも作れます。

実際に作ることも楽しいですが、何を作ろうかと親子で語り合うのも楽しい時間になりますよ。

想像をいっぱい巡らせて、工作に反映させてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする