書初めをやる意味とは!?書初め知識や書きたい言葉を大公開!

スポンサードリンク

お正月といえば書初め!

でもお正月のいつ行ってもいいものでしょうか?

せっかく書初めを行うならルールを知っておきたい!

そんな方のために、書初めのルールをご紹介します。

書初めをやる意味や由来は?

スポンサードリンク
書き初めは、年が明けて初めて毛筆で書や絵をかく行事のことをいいます。

おそらく多くの方は習字を思い浮かべると思いますが、

実は絵でも書初めになるんです!

もともとは平安時代に貴族がやっていたことなのですが、

江戸時代に庶民的な伝統行事になりました。

寺小屋などにより普及したと言われているんです。

ちなみに、書初めをする方向も決まっていて、

その年の縁起のいい方向に向かって書くそうですよ!

恵方巻と同じですね(笑)

正月の書初めはいつ行う?

書初めはお正月に行うものというイメージはありますが、

具体的にはいつ行うのでしょうか?

昔から、書初めは1月2日に行うとされています。

1月2日は「事始め」の日です。

何かを始めるにはピッタリの日ということです。

なので、この日に書初めをするという風習があるのですね。

そして、この書初めは小正月である1月15日まで飾り、

どんと焼きなどの火祭りでその書初めを焼きます。

書初めを焼くのにはきちんと意味があります。

焼いたときに上る煙。

この煙が高く上るほと、字が上達し目標が叶いやすくなるとされています。

また、神様が天に帰るという意味もあります。

この行事はお正月ならではですよね。

正月の書初めに必要な道具は?

物がなければ書初めが出来ません!

必要なものは

  • 習字用の紙
  • 墨汁

これだけあれば、最低限は大丈夫です。

子供のお習字セットがあればそれだけで大丈夫ですね。

また、ほかにもあった方がいいのは

  • 新聞紙
  • 紙の大きさに合わせた手本

でしょうか。

新聞紙はシートのように大きく広げて、そのうえで書くようにすると床が汚れる心配がありません。

油断するとあちこちに墨汁が飛んでるんですよね…。

こんなとこまで!?というところにも…

なので新聞紙の上での書初めをおすすめします。

また、お手本ですが、紙の大きさに合わせると字が綺麗にかけます。

イメージトレーニングをしてから実際に書くと、

意外と綺麗に書けるので試してみてくださいね。

書初めでどんな言葉を書く?

年に一回の書初め。

せっかくなので、張り切って臨みたいものですよね。

どんな文字を書こうかも悩みますよね。

漢字一文字ですか?それとも四字熟語?

どちらにしろ、かっこよく書初めを行いたいもの。

では、いくつかかっこいい文字をご紹介します。

  • 初志貫徹
  • 花鳥風月
  • 新春
  • 飛翔
  • 努力

などあげればきりがありませんね。

意味もなく字面だけを選んで書くより、

きちんと自分の目標や願いを表す漢字を選ぶのがベストです。

意味もなく選んでしまうと、

飾っているときに複雑な気分にもなりますからね。

また、どんな文字を書くか決まったら、

半紙なのか条幅なのかを決めましょう。

習字を習っていた方ならイメージしやすいですが、

授業でしか触れ合う機会がないと忘れてしまいますよね。

半紙の大きさはA4サイズぐらい!

条幅は半紙を縦に4枚ぐらい並べた長さだと

思ってもらえればわかりやすいかと思います。

漢字1~2文字であれば半紙で十分だと思いますし、

四字熟語であれば条幅ぐらい長いのが良いでしょう。

もちろん、半紙に四字熟語を書くのもOKです。

ただ、どちらに書くにしてもバランスが難しいです!

緊張してしまいますが、思いっきり書きましょう!

伝統的な書初め大会とは

書初め=小学生の行事と思っていた私ですが、

全国的にも大きく書初め大会が行われています。

それは『全日本書初め大展覧会』

おお、とても仰々しい名前ですね!

展示場所は日本武道館という素晴らしい場所。

しかも、席書だと予選もあって

なかなかのハイレベルなんです。

この大会で優秀賞を取るために、

焦点を合わせている学生も多いみたいですね。

選考の基準は字の上手さも関係ありますが、

低学年なら元気いっぱいかどうか、

それ以上の学年であれば技術を伴っているかなどいろいろです。

ここで賞を取ると、なかなか自慢できそうですよね。

まとめ

いかがでしたか?

意外と深い書初め。

あまり気にせずにいた方も、

ぜひ書初めを行ってみてくださいね。

新たな気持ちになるかも!?

子供でも分かる羽子板のルールや遊び方!お正月に羽子板をやる意味は?

お年玉はいつあげるのが正しいの!?何日までに渡すのが正解!?

おせちはいつ作る?実はおせち作りに最適なタイミングがあった!?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする