知らなきゃ恥をかく!?元旦と元日の違いには明確な違いがあった!?

スポンサードリンク

テレビでは「元日に放送します!」なんて番組紹介が流れるなか、年賀状にはせっせと「元旦」と書く。

暮れも押し迫るころの、よくある風景ですが。

あれ?

元旦?元日?

どっちが正しいの?と思ったことはありませんか?

そんな疑問を解決するために、元旦と元日の違いについて調べてみました。

元旦と元日の違いってなに?

スポンサードリンク

「元旦」と「元日」、どちらも「元」という漢字が使われていますよね。

この「元」は「はじめ」を表す言葉、年明けのはじめの日、すなわち1月1日を指しています。

そして「元旦」の「旦」は「夜明け・朝」という意味です。

確かに、漢字で書くと地平線を表す「一」のうえに、太陽を意味する「日」がありますね。

つまり「元」は1月1日、「旦」は朝となり、「元旦」は「1月1日の朝」なのです。

いっぽう「元日」の「日」は日付を表しているので、元旦のように時間を指しているわけではなく、1月1日終日を指す言葉。

「日」の下に横の棒線が一本あるだけで「朝」を意味するなんて、漢字の奥深さを改めて感じます。

学生時代は漢字を勉強するのがただただ面倒くさかったのに、おとなになってからいまさら新しく知ることがあるとは……言葉って奥深いものなんですね。

ちなみに「正月」の「正」も、「元」と同じく「年のはじめ」を表したもの。

「年のはじめ」の月ということで、「正月」は1月1日から1月31日までの一ヶ月なんです。

一般的には、官公庁がお休みとなる、1月1日から1月3日までの「松の内(正月飾りを飾る期間)」を指すなど、状況や慣習によって意味が違ってきます。

元旦と元日・・・年賀状はどっちを使うの?

さて、元旦と元日の違いはわかりましたが、年賀状の最後に書く場合「元旦」「元日」どちらが正しいのでしょうか。

よく使われるのが

平成○○年 元旦

平成○○年 元日

平成○○年 吉日

あたりですが、結論から言うと、どれも間違いではありません。

ただ、年賀状は1月1日の午前中(朝)に読んでもらうことが前提なので、朝を表す「元旦」を使うことが多いようです。

ここで注意しなければならないのが、遅れて年賀状を出したため明らかに1月1日には届かない、という場合です。

「元旦」「元日」が1月1日を指している以上この場合は「吉日」を使うのが無難ですね。

このように「元旦」「元日」の意味を漠然と認識していると、うっかり「一月元旦」などと書いてしまいかねません。

「一月」も「元旦」も同じ意味があるため、重複表現となってしまいます。

また、「元旦」だけで「1月1日の朝」という意味があるので「元旦の朝」は「1月1日の朝の朝」と、これも重複表現になるんですね。

会話なら流れていってしまうので大して気になりませんが、文章として書く場合は注意しましょう。

厳密な定義はない

いかがでしたか?

「元旦」は1月1日の朝だけを表す言葉。

「元日」は1月1日終日を表す言葉。

しかし、じつは厳密な定義があるというわけではありません。

親しい人同士の会話や年賀状で、このような重複表現をしたところで、注意できる人はそれほどいないと思います。

いままで気にしたこともなかったですよね。

けれど社会人としては、目上の人に失礼のないようできるだけ正しい言葉を使いたいもの。

年配の方や礼儀作法に厳しい人とのやりとりであればなおさら、正しく使えたほうが印象も良くなります。

なにより、言葉のひとつひとつそれぞれに意味があり、ちゃんと理解し正しく使うことで後世に伝えていきたいですよね。

この機会に「元旦」「元日」の使い分けについて、家族や親しい人と話し合ってみませんか?

言葉が持つ意外な意味に、新しい発見があるかもしれませんよ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする