社会人の休日引きこもり事情!意外と多い引きこもりの実態を公開!

生活
スポンサーリンク

社会人になると休日の使い方で迷ってしまうことはありませんか?

 

「平日仕事の疲れで休日はあまり外に出たくないしな。」

「休日はやっぱりゆっくりしたい。」

 

このように感じている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、社会人の休日の使い方の実態に関して大公開して行きます!

 

社会人に多い休日引きこもりの特徴とは?

スポンサーリンク
では一体、社会人の休日が多い特徴とは一体何なのでしょうか?

 

特徴その1

社会人で休日に家に引きこもってしまう原因の一つに、「お金を使いたくない。」というものがあります。

 

低賃金の中で、外出は出費を増やしてしまう原因になっています。

外に出ればお昼ご飯や買い物などをついついしてしまうことは多いですよね。

だからこそ休日は引きこもってしまうというケースがとても多いようです。

 

特徴その2

社会人で休日に引きこもってしまう原因の二つ目に、「趣味が少ない。」ということがあげられます。

 

近年では趣味を持っている人が少ない傾向にあり、なかなか外に出ることを面倒臭いと感じてしまう人も多いようです。

 

例えば休日に運動をしたり、カメラやカフェめぐりなどが好きな人は外に出る習慣がとても多くなる一方で、無趣味の場合はどうしても外に出る目的がなくなってしまいます。

 

それが社会人の引きこもってしまう特徴ということができます。

 

特徴その3

そして引きこもってしまう原因の三つ目に、「出かける準備が面倒臭い」というものがあります。

 

特に女性は出かける際にどうしても化粧や服装に時間をかけなければいけないことがあります。

 

そうすると準備の時間に1時間程度かかってしまうので躊躇してしまうことがあります。

 

いかがでしたでしょうか?

休日に引きこもってしまう特徴で当てはまっているものはあったのではないでしょうか?

 

次に休日引きこもらないようにするにはどのようにしたらいいのかについてお話しして行きます。

 

社会人の休日引きこもりの改善策は?

先ほど休日に引きこもってしまう特徴についてお話ししていきました。

では引きこもりをなくすにはどのような改善策を取ればいいのでしょうか?

 

その一つに、「運動する習慣をつける」ことが挙げられます。

例えば毎日自転車に10分間こぐという目標を立てるなど、運動することで引きこもりを改善することができます。

 

どうしても引きこもってしまうと、運動不足になってしまい病気になりがち。

この機会に運動を少し増やし、引きこもりも改善することを挑戦してみるのもとても大切なことかもしれません。

 

そして二つ目に、「習い事」をすることです。

休日に習い事と聞いてポジティブな印象を受けない方も多いかもしれません。

 

しかし、テニスやフットサルなど実は社会人で休日に運動する人はとても増えているんです。

休日に運動する予定があれば、絶対外に出ないといけなくなりますよね。

 

そうすると引きこもることなく、運動不足を改善することも可能になります。

外出を少し意識的に増やすために、習い事も一つの方法ですね。

 

そして最後に、「外出する準備をする」ことです。

これはどういうことかというと、外出する準備を無理やりするだけでも外に出ようという気持ちが生まれるということです。

 

せっかく準備したから外へ出ようという感覚で、普段引きこもってしまう人でも外に出るモチベーションを高めてくれる方法がたくさんあるんです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

休日に引きこもってしまう社会人は年々増加傾向にあります。

 

しかしながら引きこもることで、出会いがなくなったり運動不足になったりとデメリットも多く含んでいます。

 

この機会に一度引きこもりを解消し、新しい生活を始めて見ませんか?

ぜひ前述の解消法で引きこもりから脱却してみてくださいね。

 

コメント