部屋を涼しくする家電!エアコンだけじゃない!?最強家電を大特集!

スポンサードリンク

暑い夏を乗り越えるため、また熱中症対策として、エアコンなどの夏物家電は欠かせませんよね。

でも、スペースの都合上、エアコンが設置できないアパートや、電気代が気になって、エアコンのつけっぱなしはちょっと…という人もいるでしょう。

今回は、暑い夏を乗り越える、エアコン以外の冷房器具を見ていきましょう。

部屋を涼しくする家電をご紹介!

スポンサードリンク

窓用エアコン

窓用エアコンは、専用工事の必要がなく、自分で簡単に窓に設置できるエアコンです。

ベランダが狭く、室外機が置けない部屋などで重宝するアイテムですね。

取り付けられる窓のサイズに一定の制限もありますが、窓用エアコンが取り付け可能なお部屋なら、設置をおすすめします!

お値段も40000円程度なので、普通のエアコンと比べると大幅なコストカットができます。

冷風扇

窓用エアコンが設置できない部屋や、窓用エアコンよりもさらに購入費用を安く抑えたいという人におすすめなのは、冷風扇です。

ただ、この冷風扇というのは、水が蒸発する時に発生する「気化熱」を利用した冷房器具で、かなり強い風を出すため、換気がしっかりできる少し広い空間でしか使用できません。

また、湿度の高い日に冷風扇を使用すると、湿度がドンドン上がってしまい、涼しくなるどころか暑くなってしまうデメリットもあります。

価格は15000円程度で、窓用エアコンよりさらに安く、お手軽に購入できます。

小さな子どもがいる家庭や、エアコンの冷房だと冷えすぎてしまう人にはおすすめです。

扇風機

冷風扇は湿度が溜まるのが心配、本が多い部屋などでは使いたくない、という人には、扇風機が定番ですね。

最近ではいろいろな種類の扇風機が登場しています。

代表的なものは、ダイソンというメーカーが発表しているDyson Hot+Coolというファンヒーターです。

夏場は扇風機のように冷風を送り出し、冬場は温風を送り出す、1年中活躍できる優秀な冷房器具です。

お値段も約30000円とお手頃ですし、サイズもそこまで大きくないので持ち運びには非常に便利です。

しかも、この機種は、従来の扇風機のような「羽根」がないのです。

ので、子どもやペットがいるご家庭には、うっかり怪我をする心配がないので非常におすすめです。

その他、部屋を涼しくするすすめのグッズ!

「エアコン、つけているのになかなか部屋が冷えない」なんて悩みを抱えている人はいませんか?

そんな時に使えるアイテムをご紹介します。

サーキュレーター

サーキュレーターで部屋の中の空気をしっかり循環することで、エアコンで出した冷風を部屋全体にしっかりと循環させることができます。

通常の扇風機と同じように設置できるサイズなので、使い勝手もいいですね。

もちろん、サーキュレーターを買わなくても、扇風機で似たようなことができます。

ただ、扇風機は、空気を循環させる目的で作られているわけではないので、空気が循環するまでサーキュレーターより時間がかかってしまう点に注意してください。

さらに、サーキュレーターをエアコンと併用することで、エアコンの電気代を安く抑えることも可能です。

空気が循環することで部屋の温度がグッと下がるため、エアコンを効率よく使うことができるのです。

すだれ

ベランダにかけるだけでOK!

直射日光を遮るだけで、部屋の温度をかなり抑えることができます。

すだれをつるし、さらに打ち水をすると、気化熱で涼しくなるほか、自然な涼しさを演出することができます。

ただ、すだれをおろしたままカーテンを閉めると、多少部屋が暗くなってしまうかもしれません。

まとめ

便利な家電と昔からの知恵を上手にミックスすることで、不快な夏の暑さも過ごしやすくなるはずです。

皆さんのライフスタイルに合った、夏の過ごし方を選んでみてくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする