人間になつく動物ランキング10選!犬猫以外のペットを大公開!

スポンサードリンク

「ペットを飼って癒やされたい!」と思う人は多いですよね。

たっぷり愛情を注いだペットになつかれると、それだけでもう幸せな気分になります。

でも、一口にペットと言ってもその性格や性質、特徴は様々。

犬や猫は定番ですが、今日はそれ以外で一般的に飼いやすいペット、人になつきやすいペットについてご紹介してみたいと思います。

人間になつく動物ランキング10選!

スポンサードリンク

1位 ハムスター

もう、定番ですね。

一人暮らしでハムスターを飼っている人もかなり多いですよね。

飼いやすいし、小さいし、懐っこいし、騒がしくない。

ペットとしての条件をほぼ満たしている素晴らしい動物だと思います。

難点は寿命の短さです。

ハムスターはだいたい、2年から3年で寿命を迎えます。

愛着が沸いた頃にいなくなってしまう・・・。

この寂しさはなんとも言えないものがあります。

ちなみに、ハムスターの種類で最も人懐っこいのが「ゴールデンハムスター」

臆病で優しい性格をしているので、ハムスター初心者でも飼いやすい種類です。

もともと夜行性なのですが、それでも昼間に起きてきて「かまってかまって!」と訴えてくるつぶらな瞳にやられてしまいます(笑)

2位 インコ

こちらもまた定番ですね。

飼いやすくて、また入手もしやすくて、飼い主にもよく懐きます。

基本、ケージに入れて飼うことになりますがケージから出して慣らせば、相当懐いてきます。

ちゃんとしつければ飼い主の言うことをよく聞いてくれますし、また、言うことを聞かないもどかしさも何とも言えません。

インコの寿命は大体7~8年と言われていますが、中には10年以上平気で生きているものもいます。

あと、寿命と関係なく、「飛んで逃げていってしまった」ということもインコを飼っていると多いので、ケージの掃除時などは注意しましょう。

インコの種類で特におすすめなのがセキセイインコ!

ものすごく人懐っこくて、好奇心も旺盛です。

なので、初めて育てる人でもあまり手がかからないというメリットもあります。

ただ、手乗りセキセイインコにしたい場合は雛から育てる必要があります。

雛のうちからしっかり育ててあげれば、めちゃくちゃ懐いてくれますので特にしつけをしなくても向こうから勝手に肩や手に乗ってきますよ(笑)

3位 フェレット

フェレットはイタチの一種で、元々はヨーロッパで猟のお供として飼われていたという歴史があります。

飼い主にも積極的に興味を持ってくれるので、寂しい人にはピッタリですね!

寿命は約5~8年と言われています。

ただ、フェレットを飼うには面倒見がよくて、怒らない人じゃないとちょっと厳しいかもしれません。

フェレットは食事と睡眠時以外は基本的に遊んでいる状態です。

ただ、遊びが楽しすぎて、しつけたトイレ以外の場所でしてしまったり、高いところに登って落っこちて怪我をしたりします(笑)

さらにいたずらでコードを噛んで感電したり、小さいものを誤飲してしまったりもしますので、常に目が離せません。

やんちゃな子供みたいな性格をしていますので、そういった部分をしっかりと面倒見れるような買い主さんじゃないと厳しいですよ!

4位 フクロウ

最近はフクロウカフェなるものも登場したりと、ジワジワ人気が出てきていますよね!

見た目も愛らしく、しかもとても頭が良いフクロウ。

一度は飼ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしフクロウは鳥の中でも猛禽類に属する生き物。

さらにもともと人間に懐くような性格ではありません・・・。

ただフクロウは種類も多いので、中には人懐っこい種類もいます。

例えば、メガネフクロウ!

懐いてくると、飼い主の膝で寝たり、頭を撫でるように催促したりします(笑)

フクロウの寿命は20年~30年。

ペットとしては相当長生きですよね。

長い付き合いになるので、フクロウを飼うときは、飼い始める前に色々な方のアドバイスを参考にしたりすると良いかも知れません。

特に餌やりには注意が必要です。

フクロウのえさはラットやウズラの雛などです。

もちろん姿の状態でぶつ切りにしたり、内臓を取り除いて与えたりするので、そういう餌やりの準備ができない人は最初から飼うべきではありませんよ!

5位 リス

愛らしい風貌とエサを食べる時の可愛らしさ。

「リスを飼ってみたい」と一度は思ったことのある人もきっと多いでしょう。

実際、ちゃんと人には懐いてくれますし、鳴き声も大きくなく近所迷惑にもならず、飼うととても癒やされます。

難点はしつけが出来ないことですね。

トイレのしつけをしようとしても、言うことを聞いてくれないリスも多いです。

さらに、季節によっては凶暴性が増したり、あらゆる家具にかみついたりします。

あるがままのリスの姿を愛でる姿勢がないと、ちょっと「思ってたのと違う」ということになりかねません。

寿命は5年から10年。

大事にすればちゃんと長生きしてくれますよ。

ちなみに一番飼いやすい種類はダントツでシマリスです。

ものすごく人懐っこい種類なので、初めてリスを飼うならシマリスがおすすめです。

ただ、好奇心も旺盛でゲージから脱走を常に企てていいるので、基本的にはゲージから出さないようにしてください。

お部屋の中には電気コードや高い場所など、リスにとって危険な場所が多いので・・・。

6位 チンチラ

初めて聞いた人も多いのではないでしょうか?

見た目はモルモットやハムスターと同じような見た目のげっ歯類です。

とても人懐っこい性格をしていますし、育てるのもハムスター同様あまり手がかかりません。

ただデメリットとしては夜行性であることと、しつけをすることはできないこと。

ジャンプが得意で、個体によっては1メートル以上もジャンプすることもありますよ!

7位 ミニブタ

芸能人が飼っている事で注目されているミニブタ!

実はめちゃくちゃきれい好きで人懐っこい性格をしています。

知能が高い事も有名で実は犬より高いと言われているほどです。

当然、トイレをしつけることも可能ですし、お手やおすわりなどを覚えさせることも可能です、

そういう事に関してはかなり楽に飼う事ができます。

しかし、ミニという名前に騙されてはいけません・・・。

最初はかなり可愛いミニサイズですが、成長すると40キロ以上になります。

中には100キロを超えるものまでいるそうですよ!

飼うにはそれなりのスペースが必要になってきますので、お忘れなく・・・。

8位 ウサギ

見た目の愛らしさで、多くの童話や物語の登場キャラクターとなっているうさぎ。

あの綺麗な瞳とモフモフした毛は見ているだけで癒やされますよね。

ただ、うさぎは猫などと比べるとリアクションが薄く、喜怒哀楽をあまり表に出しません。

スキンシップを頻繁に取りたいという方だと、もしかしたら合わないかも知れません。

人懐っこい種類としてはネザーランド・ドワーフがおすすめです。

最初は警戒心が強いので、飼い主に対してもあまり慣れてくれませんが、一度慣れると飼い主に触られてもまったく嫌がらなくなります。

それどころか向こうから近寄ってくるようになりますので、かなり愛着が沸きますよ!

9位 トカゲ

トカゲといっても大きなイグアナからヤモリまでありますが、愛を持って育てればトカゲは以外なほど懐いてくれます。

顔もよく見ると愛嬌がありますし、長く一緒にいればちゃんと飼い主を認識もしてくれます。

難点は寒さ対策ですね。

トカゲはとにかく寒さに弱いので、住まいや暖房には気を使います。

と言っても、それは大体殆どのペットの飼育にも言える事なんですけどね。

トカゲの寿命は平均して約10年と言われています。

ただしちゃんと世話しないとすぐ死んでしまう場合も多いのでご注意を。

10位 ポニー

なかなか飼えるものではないと思いますが、もし環境と予算が許すなら、ポニーもおすすめです。

とにかく頭が良く、飼い主やその他の人物をちゃんと認識します。

イタズラもするし、しつければちゃんと聞き分けてくれる。

ペットとしてこれ以上理想の動物はいないかも知れません。

ポニーの寿命は約20年。

丁度子供が生まれて成人して親元を離れるまでの期間くらいですね。

子供の成長を見守るように、ポニーの成長を見守る。

ある意味、人生そのものかも知れません。

ただし一般的ではないので今回は10位です。

今回はご紹介しませんでしたが、一人暮らしの人には観賞魚が人気ですよ!

詳しくはこちらをご覧くださいね!

動物を飼う時の注意点!

飼いたいペットの特徴をしっかり把握する

ペットによっては鳴き声が大きかったり、あるいは壁や床を傷つけてしまう場合もあります。

飼いたいペットの情報をショップの店員などにしっかり確認してから飼うようにしましょう。

事前にきちんとどんな性格なのかを把握していなかったために、「まったく懐かないからつまらない!」と世話をしなくなる人は最低ですよ!

残念ながらそのような飼い主が多いので、必ず事前に飼おうとしているペットについてはしっかりと勉強してくださいね!

ペットと過ごす自分を想像してみる

「一人暮らしで寂しくて、ペットに癒やされたい」という気持ちもよくわかりますが、あなたがあまりに忙しいようだと、ペットもなかなか構ってもらえずストレスが溜まります。

これから長く一緒に暮らしていく「相棒」なのですから、飼いたいペットが見つかったら、買う前に一度頭のなかでしっかりシミュレーションしてみましょう。

家を空けることが多いようでしたら、基本的にペットを飼うべきではありません。

お金は大丈夫?

ペットを飼うとエサ代や予防接種代、またそのペットが寒さ暑さに弱かったりすると、外出時も冷暖房を付けっぱなしにしておかなければならない等、とてもお金がかかってきます。

飼いたいペットが平均して年間どれくらいの飼育費がかかるのか、これも必ずショップの店員さん等に確認しておくようにしましょう。

「飼った後にお金が足りなくなった・・・」

なんて事態にならないようにしてくださいね!

まとめ

ペットは替えが効きません。

一度飼い始めたら、最後まで責任を持って飼う必要があります。

ただ、正しい知識と愛情をもってしっかり可愛がれば、きっとどのペットもあなたのその想いに応えてくれると思いますよ。

あなたとよいペットの出会いがあるように祈っています。

スポンサードリンク