自転車のインチの調べ方!その方法と注意点とは?【これで一発解決】

スポンサードリンク

皆さん、ご自分の自転車の、タイヤのサイズってご存知ですか?

自転車にはよく乗るけれど、タイヤのサイズは確認したことがない、という方も多いと思います。

今回は自転車の、タイヤのサイズの調べ方や、調べる際の注意点などについてご紹介したいと思います。

自転車のインチ数の調べ方とは?

スポンサードリンク

自転車のタイヤのサイズは、タイヤの側面に表記してあります。

「27×1 3/8 37-590」や「26×1.90 48-559」などといった数字があると思いますが、こちらがサイズを表す数字になります。

一見わけのわからない数字が並んでいるだけで、どういう意味なのか全くわかりませんよね。

この数字について理解するためには、まず自転車のタイヤの規格と表記方法について知る必要があります。

自転車のタイヤ規格

自転車のタイヤのサイズ規格は、全部で4種類あります。

主に使われているのはWO規格とHE規格の2種類なので、今回はそちらの二つの規格について、ご説明していきたいと思います。

WO(Wired on)規格とは、主にシティサイクル(ママチャリ)やロードバイクなどに使用されており、全体の約8割を占めている規格です。

タイヤに書かれた数字の中に、3/8など分数が含まれているのは全てこちらのWO規格となります。

HE(Hooked Edge)規格とは、マウンテンバイクなどに使われている規格で、全体の約2割を占めています。

数字に1.90など小数点が含まれているのは、そのほとんどがHE規格となります。

どちらもインチで表記されている規格ですが、それぞれイギリスとアメリカで開発された全く別の規格なため、互換性はないので注意して下さい。

表記方法

タイヤのサイズの表記形式は、全部で4種類あります。

内3種類は先に書かれている「数字×数字」の表記方法で、残りの1種類が後に書かれた「数字-数字」の表記方法となります。

これらの数字はそれぞれ、以下の意味を表しています。

タイヤの外径 × タイヤの幅

タイヤの幅  - タイヤのビードワイヤーの直径

表記方法によって「インチ」で書かれている場合と、「ミリメートル」で書かれている場合がありますので、間違えないよう注意して下さい。

それでは4種類の表記形式について、ご説明していきたいと思います。

一つ目はWO規格のみに使用される、分数の入った表記形式です。

こちらの形式では、数字はインチで記されています。

「27×1 3/8」とあれば、タイヤの外径が27インチでタイヤの太さは1と3/8インチという意味になります。

二つ目はほとんどがHE規格で使用されている、小数点の入った表記形式です。

こちらの形式も、数字はインチで表記されています。

「26×1.90」とあれば、タイヤの外径が26インチでタイヤの太さが1.90インチであることを示しています。

三つ目はWO規格で使用されることの多い、アルファベットの入った表記形式です。

こちらの形式では数字はミリメートルで書かれており、アルファベットはA・B・Cの3種類が使用されています。

同じ数字でも後ろに付くアルファベットが変わると、全く別物となるので確認の際は注意する必要があります。

「700×23C」と書かれている場合は、タイヤの外径が700ミリメートル、タイヤの幅が23ミリメートルのCタイプという意味になります。

四つ目は、WO規格とHE規格の両方で使用されている表記形式です。

こちらの形式では、数字はミリメートルで書かれています。

「37-590」とあれば、タイヤの幅が37ミリメートルでタイヤのビードワイヤー直径が、590ミリメートルであることを示しています。

こちらの四つ名の表示形式はETRTOという機関が考えたもので、現在生産されているタイヤには全て表記されています。

ここの見方さえわかっていれば互換性を確認することができるので、よく覚えておくようにしましょう。

つまり初めの方にあった「27×1 3/8 37-590」という数字は、WO規格のタイヤで、タイヤの外径が27インチまたは37ミリメートル、タイヤの幅が1 3/8インチ、ビードワイヤーの直径が590ミリメートルであることがわかります。

初めはわけがわからなかった数字も、意味がわかると簡単に読み取ることができましたね。

自転車のインチ数を調べる際の注意点とは?

それでは最後に、自転車のサイズを調べる際の注意点についてお話したいと思います。

こちらでは利用者の多いシティサイクルと、マウンテンバイクを例にあげてご説明したいと思います。

シティサイクル

通称ママチャリと呼ばれるこちらの車種は、種類が多い分色々なサイズや特殊なタイヤが使われている場合があります。

基本的にはWO規格の26インチや27インチが多く、通常のママチャリであればこちらのサイズである可能性が高いです。

ですが電動自転車などでは、特殊なサイズのタイヤが使われている場合もあるので、よく確認することをおすすめします。

マウンテンバイク

マウンテンバイクはWO規格とHE規格が混在しており、間違えやすい車種の一つともいえます。

サイズの表記方法もややこしく、WO規格のものでも小数点が使用され、書かれているものもあります。

調べ間違えを防ぐためにも、特にタイヤのビードワイヤーの直径とリムの大きさをよく確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

現在あなたが使用している、自転車のタイヤのサイズは確認できましたか?

乗っている車種によっては、特殊なタイヤが使用されていてサイズなどがわかりにくいものもあります。

不安な場合は、一度自転車を購入したお店で相談するなどして、タイヤの買い間違えがないよう気を付けて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする