雛人形の髪の毛の手入れ方法!乱れたひな人形の髪を戻す方法を解説!

スポンサードリンク

せっせと一生懸命お雛様を飾ったものの油断をしたら…お雛様の髪の毛がボッサボサ!

『ぎょぇぇぇ!!』と思わず悲鳴を上げたくなるほどの乱れっぷりなんてことありますよね…。

ペットの仕業だったり、子供の仕業だったり、収納の仕方が悪かったりと原因は様々ですがさすがに、そのまま放置はしておけないですよね。

そんな悲劇に遭遇した方に!

雛人形のお手入れ方法をご紹介します。

雛人形の乱れた髪を元に戻すには?

スポンサードリンク

さて、どこをどうやったらこんなに乱れるのか謎の乱れ方をした雛人形。

「ここだけ竜巻が起きたのかな?」

なんてポジティブに考えながら、お雛様をきれいにしていきましょう。

ただ、あまりにも髪の毛が乱れすぎている場合は、修理に持ち込まないと直らないことがほとんどです。

ここではある程度簡単に直せそうな状態を修理する方法を紹介していきますね!

まずは手袋を装着!

雛人形はとってもデリケートです!

素手で触るなんてもってのほか!

手についた少しの油汚れや手垢でも人形が傷んでしまう原因に…。

軍手でもいいのですが、なかなか細かい作業がしにくい事もありますので、ぴっちりとした薄手のビニール手袋がベスト!

100均などで売っていますので、ぜひ準備してくださいね!

優しく優しく絡まりをほぐす

雛人形の髪の毛は、頭に接着剤で止められているだけの簡単なつくりです。

少し引っ張っただけで髪の毛が取れてしまいます!

あまり触らないのが一番なのですが、スーパーサイヤ人並みに髪の毛が乱れていては可哀そうで見ていられませんよね。

そんなときは、優しく優しく絡まりをほどき整えましょう。

そこそこ値の張るお雛様であれば、髪をとかすためのミニブラシが付属されています。

そのミニブラシがあれば、毛先からゆっくり優しくとかしてくださいね。

ミニブラシがない方は、粗目のクシでゆっくりとかしてみてください。

このブラシも100均で手に入りますので、ぜひ用意してくださいね!

髪が跳ねているなら濡らした歯ブラシでとかす

数本ぐらいであればハサミで切ってしまうのがベストです。

結構な本数が跳ねている場合は濡らした歯ブラシで髪をとかしましょう。

このときに、顔や頭皮の部分に水滴がつかないようにすること!

雛人形は水が大敵なんです!

最後にノリで固める

ある程度整ったら、ノリで髪の毛を固めていきます。

筆を使いながら少しづつ少しづつ塗り固めていくイメージです。

一度に大量のノリを使用すると、垂れたりしますので、薄く伸ばしていってください。

ノリが完全に乾けば完成です。

ただノリが乾いた時に白く残るときもありますので、筆ペンで白くなった部分を撫でてくださいね!

この方法を試してみても乱れ髪が直らない、むしろ壊れるのが怖くて触れない場合は大人しく雛人形の修理を検討しましょう。

料金はかかってしまいますが、これが一番無難かつベストな方法ですからね。

きちんと職人さんに直してもらうことで、雛人形が綺麗によみがえります。

失敗したくない場合は、最初から修理を検討するのもありです!

雛人形髪の毛の修理にはどのくらいかかるの?

雛人形の髪の毛の乱れ具合や状態によって変わってきます。

何年も前の物だったりすると、髪の植え替えなども検討しなければいけません。

ただ、髪の乱れを修理する程度なら1万円~2万円ほどです。

しかし、肝心なのが修理期間です。

雛人形は1体づつ手作業です。

なので、秋ごろから職人さんはかなり忙しくなってしまいます。

修理を申し込むなら、数ヶ月預けることも覚悟しておいてください。

お店によっても対応が全然違ってきますが、1年くらいは預けるくらいのつもりで修理に出した方がいいですよ!

お店によっては修理NGもある

1体づつ手作業のひな人形ですが、職人さんの作り方は微妙に違います。

なので、基本的には購入したところで修理できるかどうかを聞いてください!

ただ、購入したところが無くなってしまったり、引っ越して遠くなってしまった場合は、お近くにある専門のお店でお願いするしかありません。

ただ、あくまでもまったく新品と同じ状態に戻すのはむずかしいと思っておいてくださいね!

とはいっても職人さんはプロですから、素人目にはわからないレベルで仕上げてくれますが・・・(笑)

どうしても間に合わないなら購入も!?

せっかくのひな人形がボサボサの髪のままだとさすがに飾るわけにはいきませんよね・・・。

でも、ひな祭りでどうしても飾りたい!!

そんな人はお安めのひな人形を新たに購入することも検討してみてはいかがでしょうか?

雛人形といっても値段はピンキリですからね!

髪の毛の乱れを修理するお金で新しいのを検討するのもアリかも知れませんね!

そこはお子さんの年齢と相談する感じではないでしょうか?

ひな人形のお下がりはNG!?

ちなみに、ひな人形のお下がりを出してきている方もいると思いますが・・・。

実はひな人形のお下がりはNGです!

本来、ひな人形は1人1人のお守り代わりのものです。

なので、お守りとして厄を吸収した雛人形を使うべきではないのです。

ただそうは言っても、ポンポン買えるものではありませんよね・・・。

そんな時の対処法を記事にしてありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

雛人形の髪をカビさせないお手入れ方法!

去年、気を付けて片づけたのにカビが…涙

そんなことにならないようにしっかりとしたしまい方をしてくださいね!

せっかくの雛人形を大事に長く飾るため、守ってほしいことはこれです!

・雛人形のホコリをおとす

・しまう前に虫干し

・防虫剤か乾燥材を利用する

ちなみに、雛人形を触るときには必ず手袋を着用してくださいね!

雛人形のホコリを落とす

雛人形には結構ホコリがついているんです。

そのまましまってしまうとダニなどの発生源ににもなってしまいますので、かならずホコリを取ってくださいね!

毛ばたきみたいなもので優しくサッサっとはたいてください。

この時に付属品などは全て外してくださいね!

虫干しをする

雛人形は、湿気や水滴が大敵です。

先ほども言いましたが、雛人形はとってもデリケート。

少しのことで、顔にカビが生えたりお召し物が虫に食われたりと大変なんです。

なので、しまう前にしっかり乾燥させましょう。

直射日光では雛人形を傷めてしまいます!

なので天気のいい日に日陰干しをしてください。

さらに風通しの良い場所に置くことも重要です。

防虫剤を入れる

押し入れなどに保管する際は、近くに防虫剤や乾燥材を置くのを忘れずに。

防虫剤などをいれる際には防虫剤が雛人形に触れないようにして入れてください。

できれば雛人形専用の防虫剤を利用してくださいね。

こちらの動画で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください!

4分25秒から雛人形のしまい方になります。

まとめ

いかがでしたか?

安いわけではない雛人形。

お手入れや保管方法をしっかりしてきれいな状態を保ってくださいね!

子供の成長を祝いながら、子供が大きくなるまで雛人形を大事にしていきたいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする