お年賀として親に現金をあげる時の相場ってあるの!?

スポンサードリンク

お正月と言えば子供達にとってお年玉をもらえ

大変興奮する時期と覚えています。

特に、5千円や1万円など聞いた事はあるが1万円札など見た事も触ったこともありませんでした。(個人的にですが !)

お正月などに親戚が集まる時期、子供達からすれば稼ぎ時です。

でも自分の親に私達が大きく育ったら逆にお年玉を上げなくてはいけないと言うこと知っていましたか ?

親にお年賀を渡す時の相場

スポンサードリンク
親などの目上の方に、

「はい!お年玉」

と渡せば、親ならガッカリされますし夫や妻の両親に

そんなこと言えば軽蔑される可能性があります。(注意)

じゃあ、なんていうのか!?

それをお年玉ではなくお年賀といいます。

目上の人(親・師匠)から目下の人(子供・弟子)に感謝の気持ちをこめてお金を渡したい。そうやってあたえるものとされているのが、お年玉といいます。

逆に、

「お正月の準備はお金がかかるので少しでも足しにしてほしい」

と目下の人から目上の人に渡すものをお年賀と言うんです。

もちろん毎年のように渡している人もいるくらいメジャーなものですよ!

お年賀の相場は、いくらぐらいがいいの ?

1位・・・1万円

2位・・・3万円

3位・・・2万円

その他・・5万円(お金持ちならどうぞ!)

金額高額だからどうのこうのとは言えません。

1万円は、妥当な金額かもしれません。

それ以上になるとちょっとの値段でも出す側からすれば負担になります。

高額をだせば相手が喜ぶかどうかを考えてみてください。

中には喜ぶ方もいるかもしれませんが、高額では受け取る方が迷惑になるかもしれません。

例えば、結婚して始めて迎えるお正月。

結婚をキッカケに「両親へのお年賀(お年玉)」を考える方も多いのではないでしょうか?

お年賀のルーツは、お正月のあいさつ回りの際に持参する、神棚や仏壇へのお供え物です。

このため、お年賀として親にお金を渡すといった一般的な決まり事はありません。

現金であげるのは気が引ける時にオススメの品物!!

親に現金でお年賀を渡すのが引けるというあなたは品物でお年賀を渡しましょう。

では、どのようなものが喜ばれるのかですが・・・

・新春お取り寄せグルメ

・デパートなどで使える商品券

・ご両親とデパートなどへ行き衣類などをプレゼントする

・一緒に外食してごちそうする

中でもお手頃なのが、新春のお取り寄せグルメです。

正月に合わせて春を思わせる様々なギフトがインタネット販売されています。

ゼリー、お肉、おせんべい、フィナンシェ、クッキー、ビスケットなどなど。

とてもかわいらしい包装紙で包まれていますので、おススメですよ!

さらに、ちょっと奮発したいという方は名高いデパートの通販もいいかもしれません。

特に年配の方は高島屋や三越を好まれます。

特にそういった有名デパートはネームバリューがありますので、そのままの包装紙で渡しても喜ばれますよ!

まとめ

お年始と考えるとなにか特別なものを送らなければいけないのだと思い込んで、なかなか決められない人もいます。

でも、もらう側からしたらどんな贈り物でも嬉しいはずです。

ご自身より高齢だと品物はどんなものが良いのか ?

お年賀にふさわしいのか ?

品物でいくか?

いくら入れればいいのか?

精一杯相手の事を考えた品物なら、相手に気持ちが伝わるはずですよ!

お年賀を親に渡すならおすすめの金額はいくら!?品物でもアリ!?

お年賀のお返しって必要?覚えよう基本的なマナー

お年始とお歳暮を両方送るのってアリ?ナシ?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする