お年賀を親に渡すならおすすめの金額はいくら!?品物でもアリ!?

スポンサードリンク

朝起きるのがツライ季節になりましたよね…

テレビでも年賀状のCMが始まり、お正月モードも

高まってきました。

みなさんはお正月をどのように過ごされていますか?

実家へ帰省される方も多いのではないでしょうか。

離れていれば年に一度くらいは親孝行を…と

思いますよね!

昔のことわざで「孝行したい時分に親はなし」と

よくいわれます。後悔しないように親孝行を

しておきたい!と私も年とともに気持ちが強まり

ます。

「親孝行」のあり方も人それぞれですが、

今まで育ててもらった感謝の気持ちを込めて

親にお年賀としてお金を渡す方も増えている

そうです。

「でも…金額はどのくらい渡したらいいの?」

「返されたらどうしよう…」

そんな疑問を解決したいと思います。

親にお年賀を渡す時の相場

スポンサードリンク
今までは子どもとしてお年玉をもらっている側だった

だけに、わたす側になると悩んでしまいますよね。

一番多い金額としては1万~3万円くらいで、

お正月の準備やもち代等を考えてのようです。

また親が受け取りやすい金額ともいわれています。

私が聞いた中には、「夫のボーナスしだい」という

友達もいました。各家庭で事情がありますからね…

私も色々と事情のある家庭の一人です(笑)

金額はあくまで相場ですし、人生の先輩にわたす

わけですので、無理をする必要はありません!!

お年玉と同様のように考えてしまいがちですが、

目上の方へわたす場合はお年玉と書かれている袋

ではNGです。

紅白の蝶結びのご祝儀袋を使い、表には「新年ご挨拶」

「御年賀」と書いてわたすのが良いとされています。

現金であげるのは気が引ける・・・そんな時にオススメの品物!!

「お金をわたすのはちょっと…」

「うちの親はお金をわたしても、受け取ってくれない…」

という方もいらっしゃると思います。

親からすれば子である私たちの「家族・自分自身に使いなさい」

という愛情の思いがゆえ…

けれど何かカタチにして感謝の思いを表したい方に

いくつかオススメの品物をご紹介します。

アンケートなどで「実際にもらってうれしいものは?」

と聞かれて一番多かったのは「好きな食べ物」なんです!

各地で名産のお取り寄せギフトはいつも贈り物の上位に

あがっていてオススメです。

ご両親の旅行したい場所や思い出の地の名産品を

取り寄せてサプライズするのもいいですね。

お手軽なものとしては、和菓子や羊羹、洋菓子

セットなどがあります。

宮内庁御用達の”赤坂青野の和菓子詰合せ”や

”佐賀名物小城羊羹”、”キハチの焼き菓セット

”などそれぞれお得感もあり喜ばれるギフトです。

赤坂青野の和菓子はテレビでも紹介されたほど

です。

そのほか、お酒好きに人気なのが”ビール”です。

お酒好きの度合いに関わらず全体的に好まれて

いるので親戚やお客様と一緒に飲みやすいです。

特別感をだすために各産地で販売されている

地ビールなどとても人気があります。

地ビールもたくさん種類があるのでお酒が好きな

方は選ぶ時からワクワクしてしまいそうです。

親と一緒に飲みながら楽しむのもいいですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

金額は関係なく子どもからの感謝の気持ちは

親としてとても嬉しいことです。

親の立場からすると貰っても「もったいなくて

使えない」と言う意見も多いようです。

お金、品物どちらにしても日頃の感謝の気持ちには

変わりません。

私も毎年お金でのお年賀は厳しいですが、

感謝の思いは忘れずに伝えるようにしています。

ただ、義両親には伝えやすいですが、自分の親に

伝えるのは照れくさくて恥ずかしいものです。

そんな時は手紙やメッセージを書いています。

もし、お子様がいたら孫からのお手紙などを

一緒に渡すのもとても喜ばれますよ!

楽しいお正月を過ごしてくださいね!

正月三が日は祝日ではなかった!内閣府発表の条例を徹底チェック!!

お正月の訪問着はどんな服装がベスト?知っておくべき服装のマナー

お正月の集まりは憂鬱!?親戚付き合いがめんどくさい時の対処方法とは!?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする