包丁をアルミホイルで研ぐ!?超簡単でおすすめな包丁の研ぎ方!

スポンサードリンク

毎日の家事の中で、包丁研ぎが苦手…

という方はいませんか?

実はそう思っているのは、あなただけではありません。

実はすごく簡単な方法があったんです。

包丁でアルミホイルを切る。

たったこれだけで包丁の切れ味が良くなる人が続出!

その方法とは?!

包丁をアルミホイルで研ぐ!?

スポンサードリンク

その気になるやり方は実に簡単でした!

  • アルミホイルを丸める
  • 刃にあててこする

たったこれだけで、切れ味の悪かった包丁が切れるようになるなんて!

丸めないで切る方法もあるんです。

  • アルミホイルを二枚重ねにする
  • カッターの様にして切る

こんな簡単な方法で、包丁が切れるようになるなんて、

夢の様ですね!

アルミホイルでなぜ包丁の切れ味が復活するの?

アルミホイルは名前の通りアルミから出来ています。

アルミの特徴は柔らかい性質・熱伝導率が高い・融点が低い、

という性質があるので、その性質をうまく利用した方法と言えます。

簡単に説明すると、アルミホイルより固い包丁が、

アルミホイルを切ることで、アルミホイルに熱が生まれ、

その熱で溶けだしたアルミが、目には見えない包丁の隙間に入り込み、

切れ味が良くなるという原理です。

この方法を知っておくだけで、

引っ越してすぐに、包丁研ぎの用意が無い時、

アウトドア先で切れが悪い時に使えて大変便利です!

この方法は色々な物に応用が効き、切れが悪くなった

ハサミも研ぐことが可能です!

同じ刃物のシュレッダーも切れ味アップ出来ます!

そう考えるとアルミホイルには、まだまだ使い方がありそうですよね?

ということで調べてみました!

包丁以外のアルミホイルの裏技!

アイロンが掛けられない衣類のしわ伸ばし

高熱に弱いレーヨン・ウール・シルクはアイロンが掛けられない素材。

しわ伸ばし程度でしたら、アルミホイルにお任せください。

まずはアイロン台にアルミホイルを敷きましょう。

その上に、アイロンを掛けたい衣類を乗せて、

10センチ程離した当たりから、スチームを当てて行きます。

そうすることにより、アイロンから出たスチームがアルミホイルに当たり、

余すことなく衣類に当たる為、シワが綺麗に取れるという訳です!!

この方法は、アイロンOKの衣類にももちろん使用できます。

綺麗に仕上がるだけでなく、電気代の節約にもなるんですよ!

煮魚に使えばプロ級の仕上がりに!?

煮物の蓋にアルミホイルを使用している方も多いですよね?

でも、アルミホイルをなべ底に敷くだけで、

煮魚の焦げ付きを防いでくれて、取り出す時も崩れないから、見た目も綺麗!

お鍋から取り出すときは、アルミホイルごと取り出せるから、

美味しく仕上がった煮魚を箸で触らなくて済みます!!

根菜の皮むきが簡単に出来る!

野菜の皮むきもアルミホイルにお任せください!

ジャガイモや、長芋、ゴボウの皮をアルミホイルで、

効率的に剥くことが出来ます!

その方法は、アルミホイルをクシャクシャにしてから広げ、

野菜を包むようにして擦るだけ!

包丁を使用しないから、皮を厚く剥き過ぎる心配が無く、

節約にも繋がるんです!

靴の臭い消しにも使えた!

アルミホイルは臭いを取ることも出来るんです!

アルミホイルをA4程に切り、コロコロと丸めたものを、

2~3個靴の中に入れるだけ!!

なぜ脱臭効果が有るのかというと、

アルミホイルが空気中の水分に触れて、菌を抑制する金属イオンを放出する為!

靴の中の菌を発生させにくくしてくれるから、消臭できるという事になります!

使い終わったアルミホイルは、ヌメリ取りに使える!

包丁研ぎや、野菜の皮むきに使用したホイルを、

捨てちゃうなんて勿体無い!!

まだまだそのホイルは使えるんです!

クシャクシャになったホイルを軽く丸め、

排水溝のゴミをキャッチするカゴに入れるだけ!

先ほども説明した様に、アルミホイルは雑菌の繁殖を防ぐことが出来るため、

ヌルヌルが付かない状態を長くキープできると言うワケ!

雑菌の繁殖を抑えるから、夏場のおにぎりを包むのにも重宝しそうですね!

まとめ

アルミホイルは本当に素晴らしいですね!

包丁研ぎから料理・雑菌抑制まで、生活の中で無くてはならない

存在になりそうです!

アルミホイルを利用することで、時短も出来ると思います!

アルミホイルの有効活用で、家事が少しでも楽になると良いですね!

そのキッチンハイターの使い方は間違ってない!?知っておきたい危険性!

ゴミ箱の臭い消し対策!ゴミ箱の臭いが取れない人必見!

鉄鍋のサビ取りの方法とは!?サビ落としの簡単な方法をご紹介!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする