新築祝いで親はいくら包めば良い?相場や金額を徹底調査!

スポンサードリンク

今の時代、男性も女性も結婚をする年齢が、

昔に比べると比較的遅くなってきていると思います。

自分のお子さんは無事に結婚して、

ほっとしているお父さんもいると思います!

孫も生まれ、楽しみが増える時期ですね!

またお子さんのご家族も増えて、お住まいも手狭になってきており、

そろそろ新居でも買えばと思いますよね!

では、新居を建てるとして、どのようにしたらいいの?

マンション?

戸建の家?

資金はどうする?

親としては、新築祝いもしくは援助をしてあげようと、

考えているかもわかりませんね!

では、今の実際のところは?

出した方がいいのか、出さない方いいのか?

今の常識は?

金額は?

など色々とあると思います。

お子さんの事、お父さんのお考えなど、色々とあると思うので…

少しお話をしたいと思います。

ご参考になればと思います。

 

親から子に新築祝いの金額相場はいくら?

スポンサードリンク

自分の子供へのお祝いは、難しいですよね!

結婚式なら出席することもあるのでわかりますが、

自分の子供の新築の祝いは初めてだし…

出来れば援助を考えたり

形式的に少額の祝いにしようか?

色々と悩みますよね~

一般の感覚として新築の祝いの金額は、

数万円~10万円ぐらいが妥当です。

でも、自分の娘を嫁に出した先で新居を建てるなら、

すべてではないですが100万円という方もいます。

娘に幸せになってほしい!

そのために援助では、受け取ってもらえないかもしれない!

新築祝いならどうだろうか?

高額なお祝いは受け取ってもらえない事が多いので、

内緒で渡す親もいるそうです!

税金も忘れずに考えてくださいね!

ちなみに兄弟などへは3万円~5万円ぐらいが、

お祝いの相場ですね!

お子さんにとって人生の一大事なので、

悩む方が多いのではないでしょうか?

建築資金援助と新築祝いは別にあげるの!?

建築資金援助ですが、一般的に数100万円~1000万円ぐらいで、

資金援助される方が多いです。

金額は別として資金援助される方は、

約半数ほどいらっしゃいます。

世の中、自分の子供のためなら、

資金援助する方がわりと多いですね。

資金援助と新築祝いですが、

両方渡したい親の気持ちはあると思います。

資金援助をしてもらって、

さらに新築祝い共にあげたいなら…

資金より生活品も費用がかかるから、

出してもらえると助かる?

お子さんの気持ちとして新築祝いは現金でなく、

新居なので家具や家電製品など、

新しい物を買ってあげるというのはいかがですか?

新築の祝いとして生活品を新しくするというのは、

気持ちの上で新鮮でいいのではないでしょうか?

両方あげる?

もしくは

建築資金援助だけ?

新築祝いだけ?

あまりこだわらずに、お子さんとご相談して、

決めたらいいのではないでしょうか!

でも、今後の生活の事を考えて、できるだけ協力したいと

考えているお父さんもいると思います。

援助できる、資金の問題もありますね!

まとめ

お父さんとしては建築資金援助、

新築祝い金などお子さんのために、出してあげたい!

そのような気持ちがあると思います。

でもお子さんの気持ちとして出してもらうと、

後々色々と生活の事や今後は面倒になる?

親の意見を聞かなければならない?

自分の親だけでなく、義理の両親の立場もある?

出来れば自由にしたい!

でも出してもらうと助かる?

銀行などでローンを長期で借りると、倍近く返済しないと

だめという事がありますし、悩みますね!

難しい問題ですが、税金とローンの金利、

お互いの気持ちなど考えて、お決めになられたらいかがでしょうか?

結論として、お子さんには単純に幸せになってもらいたい!

この気持ちを大切にされたら、きっとお子さんも喜ばれると思いますよ!

これでバッチリ!?新築祝いを渡すベストなタイミングとは?

一戸建ての近所付き合いが面倒!トラブルを避ける方法は!?

一軒家を購入する年齢は?頭金はいくら?後悔しない為の注意点!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする