冷蔵庫の一人暮らしの容量ってどれくらい必要?おすすめの大きさを解説!

スポンサードリンク

誰でも一度は一人暮らしに憧れます。

しかし現実に考えると準備が大変です…

特に家電製品は生活していくうえで強い味方となるので揃えないわけにはいきません。

洗濯機やテレビ、冷蔵庫と現代ではなくてはならないものですよね。

特に冷蔵庫は『食』を守るために暮らしの中では必需品です。

安い買い物ではないので「失敗した!」ではすませたくないものです…

そこで、一人暮らしの時はどんな冷蔵庫が良いのか?

注意点など、気になる冷蔵庫の疑問を解決していきます。

冷蔵庫の一人暮らしの容量ってどれくらい必要?

スポンサードリンク

一般的に、一人暮らしに必要な冷蔵庫の容量は80~200ℓといわれます。

80~200ℓといっても自分がどのくらい必要なのかわかりにくいですよね。

そんな時ポイントなるのは、“自炊するか・しないか”です。

自炊するという人は、食材も多くなるので150~200ℓの冷蔵庫がおすすめです。

自炊しないという人は、80~140ℓくらいの冷蔵庫で大丈夫です。

気になる価格ですが…

80ℓで2万前後、120ℓ程度のもので3~4万、200ℓくらいから4万前後となっています。

一人暮らし用冷蔵庫を買う注意点!

冷蔵庫を購入する際に、容量のほかにも気をつけるべき点が4つあります。

音の静かさ

住む環境にもよりますが、よる寝る時など音が気になってしまうという方は静かなものを選ぶようにするといいですよ。

25dbくらいから音がうるさくないといわれています。

消費電力(電気代)

一人暮らしは何かと物入りとなるので、節約できるところはしておきたいですよね。

冷蔵庫の場合、容量サイズが大きいほど電気代が安くなります。

ただし、130ℓ~170ℓの範囲では大きく変わることはありません。

また、年間の電気代の目安が表示されている場合もあるので購入される時に確認してみるのもいいですよ。

買う時に高くても数年使うことで元がとれ、大きな節約へとつながることもあります。

直冷式・ファン式(霜取り機能)

冷蔵庫のお手入れを考えると大変重要な機能です。

直冷式タイプの場合、冷凍室の内面に霜が付着していくので、定期的に庫内のものを取りだして、霜取り作業をする必要があり、手間がかかってしまいます。

ファン式タイプは冷却器からファンによって冷気を送るようになっているので、自動で霜取りをしてくれます。

100ℓ前後以下の小さな冷蔵庫になると直冷式タイプのものが多くなります。

本体の大きさ・扉の開閉

容量によって変わってきますが、冷蔵庫を置く部屋のスペースにも注意してください。

冷蔵庫は放熱するので、スペースにピッタリサイズのものだと冷えにくくなり、電気代も上がってしまいます。

10㎝くらい余裕をもって置けるサイズがいいですよ。

扉も右開き、左開き、観音扉式というように種類があるので必ず買う前にはチェックしてくださいね。

冷蔵庫の中古ってどうなの!?

「どうしても節約したい!」、「中古の冷蔵庫をかんがえている」という方のために中古品でのメリット・デメリット、注意点について調べてみました。

まず何といっても最大のメリットは価格が安いことです。

タイミングがよければ新しい型式の冷蔵庫に巡り合えることもあります。

デメリットは、売られる前に掃除をしていても前の人の生活臭が残っていたり、メーカーの保証期間がきれている場合があります。

臭いは冷蔵庫を稼働させると中が冷やされるので気にならなくなりますが、神経質な方はやめておいた方がいいです…

また設置までしてくれるところは少ないので、運搬費用をもつことにもなります

注意点として、中古品は故障する可能性も高いので、製造年月日や保証があるのか、現物をよく見て購入するのがおすすめです。

ネットオークションなど現物を見ないで購入するのは、やめておいた方がいいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冷蔵庫は新しい生活を快適に過ごしていくためのアイテムです。

新品でも中古品でも、チェックするのを忘れないようにしてくださいね。

今回の記事が購入される時の参考になってもらえたら嬉しいです。

楽しい新生活になりますように!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする