ファンヒーターとエアコンどちらが経済的か電気代を徹底的に調査!

スポンサードリンク

寒い冬を乗り越えるのに、欠かせないのが暖房器具。

だけど、暖房器具って、夏場の冷房や扇風機に比べるとものすごく電気代がかかっちゃいますよね。

部屋全体を暖めるエアコンの方が、ファンヒーターより電気代がかさみそう!

という理由で、私は毎年ファンヒーターで冬を乗り越えているのですが、果たして実際のところ、エアコンとファンヒーター、どちらを使ったほうが電気代が安くつくんでしょうか…?

ファンヒーターとエアコンどちらが経済的?

スポンサードリンク

エアコンとファンヒーター、どちらが経済的なのか調べてみたところ、意外なことが分かりました。

まず結論から言いますと、エアコンとファンヒーター、どちらも結局経済的なんです!

…まさかの!ですよね。

実はこの結論、きちんとした理由があるんです。

部屋全体を暖め、他の機能もたくさんついていることから、電気代が高いと思われがちなエアコンですが、最近のエアコンはとっても優秀で、9畳ほどの部屋を50時間暖めるのに必要な電気代が、なんと100円程度で抑えられるようになっているとか!

エアコンの特性として、一度部屋が設定温度まで暖まったら2円程度で部屋の温度を維持することができるそうです。

なので、50時間稼動してもトータル100円程度で済むというわけです。

てっきりエアコン=コスト高と思い込んでいましたが、なるほど、そんなに電気代かさみそうにないですね。

ですが、エアコンを経済的に使うには、ひとつ条件があります。

先ほどご紹介したとおり、エアコンは「一度部屋が設定温度まで暖まったら、2円程度で温度を維持できる」のが経済的たる所以でしたが、つまりこれは、「部屋が設定温度まで暖まらないと常にフル稼働で温度を上げようとする」っていうことなんです。

ですから、風が入りやすい部屋だったり、空気が動きやすい部屋だったりすると、エアコンの特性が発揮できず、結果、電気代がかさんでしまうことに…

機密性の高い、マンションの部屋だったり、あまり部屋の開け閉めをしない一戸建て二階といった空間が、エアコンの特性を活用するのに理想的だといえます。

次に、石油の価格で電気代が左右されそうなファンヒーターですが、ファンヒーターは外気温に影響されないというとってもお得な特性を持っています。

エアコンは外気温に電気代が左右されやすく、すごく寒い日に使用すると電気代がいつもよりもかかってしまうなんてこともあるのですが、ファンヒーターはどんなに外が寒くても、いつもどおりの灯油代で稼動することができるんです!

しかも、エアコンと同じく部屋が暖かくなると暖める力を緩めるという機能がついているものもあるので、9畳ほどの部屋を20時間暖めるのに100円程度しかかかりません。

外気温に左右されないファンヒーターは、風の入りやすい一戸建ての一階や、外の外気温が非常に低くなる地域での使用にオススメです!

エアコンとファンヒーター、どちらも経済的という結論の理由は、つまり「使用する部屋の状況できちんと使い分ければどちらもとっても経済的」!というわけなんです。

エアコンとファンヒーターの併用もあり!?

エアコンとファンヒーターがどちらも経済的と判明したところで、もしかしたら、これを両方併用して使えばより経済的になるのでは…!?と思ったかたもいらっしゃるのではないでしょうか…?

私もです!

なので、エアコンとファンヒーターの併用テクニックについても調べてみました!

家電の併用の基本として、「片方の弱点を片方が補う」というものがあります。

エアコンとファンヒーターの弱点を挙げるとすると、

エアコン…点けてもなかなかすぐには部屋が暖まらない

ファンヒーター…エアコンが9畳で50時間100円程度の電気代に対し、20時間で100円の電気代がかかる

といったところでしょうか。

これを踏まえて、もっとも効率的にエアコンとファンヒーターを併用する方法は、エアコンとファンヒーターを同時につけ、エアコンが設定温度に達するまでの時間をファンヒーターで補助してあげ、エアコンの設定温度に達したらファンヒーターを消す。

というのが一番低コストというわけなんです!

ファンヒーターであらかじめ部屋の温度を上げておくことによって、エアコンの設定温度を低めに設定することができ、温度も暖かいまま保たれるので、とってもオススメな併用方法です。

まとめ

エアコンとファンヒーター、どちらも寒い冬を助けてくれるかかせないアイテムですが、電気代という犠牲を払わなければいけないのが玉に瑕ですよね。

だけど、使用する部屋の状況や、ふたつを上手に組み合わせることで、一番の悩みである電気代を抑えることができるんです!

もう電気代さえ抑えてしまえば、怖いもの無し!

今年の冬は、暖房器具の効いた暖かい部屋で、ゆっくりのんびり過ごしましょう…♪

スポンサードリンク