側転で足が伸びないのには理由があった!マル秘練習方法を大暴露! 

スポンサードリンク

側転がキレイな人は見ていて気持ちがいいし、とても格好いいです。

でも、側転って簡単そうに見えてキレイに回るのが案外難しいですよね。

キレイに回れない一番の難しさは、足がしっかり伸びないことじゃないでしょうか。

そんなキレイな側転まであと一歩という人に、どうしたらしっかりと足が伸びるのか調べてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

側転で足が伸びない理由

スポンサードリンク

それではまず、なぜ足が伸びないのでしょうか。

側転で足が伸びないのには理由があるのを知っていますか?

原因としては2つあります。

一つ目は、背中側へ倒れる恐怖心から、お腹側へ重心を取ろうとするためです。

二つ目は、地面を蹴る力が弱いために回転速度が足りず、足が伸び切らないためです。

側転で足が伸びない人のための練習方法とは!?

原因がわかったところで、次に側転で足が伸びない人に最適の練習方法をまとめてみました。

恐怖心を克服するための練習

これは回数を重ねるほかにあまりありませんが、側転の練習の他に壁倒立がおすすめです。

壁倒立を練習することで、足が伸びたときの感覚がつかみやすくなり、重心の取り方を体で覚えられます。

そのため、側転したときに足が伸びやすくなり、バランスのコツがつかめていれば、恐怖心も薄まります。

※壁倒立の仕方

①壁に向かって立ち、なるべく壁寄りにしっかりと両手をつきます。

②クラウチングスタートのような恰好から、思い切り利き足で床を蹴り上げます。

③体と足をまっすぐにして壁倒立の完成です。

蹴る力を強くするための練習

側転の際に、蹴る力が弱くなるのは恐怖心のせいもありますが、根本的に力が弱いとキレイに側転を回ることは難しくなります。

この蹴り上げる力は上記の壁倒立でも練習できますが、もう少し具体的な練習方法をご紹介します。

「両足ジャンプ」

  • 両手を床につけます。
  • 両足で左右にジャンプします。
  • 慣れてきたら左右の着地点の間に障害物を置きます。(枕や座布団など柔らかいものがおすすめです)

「片足ジャンプ」

  • 両手を床につけます。
  • 片足で左右にジャンプします。
  • 慣れてきたら左右の着地点の間に障害物を置き、徐々に高くしていきます。

「立ち上がりからジャンプ」

  • 万歳の状態で立ちます。
  • 正面を向いたまま、床に両手をつきます。
  • 飛びたい方向に向かって片足ずつジャンプします。
  • 左右交互に行い、徐々に足の上げる位置を高くしていきます。

このように、壁倒立と足上げの練習を重ねることで、足が伸びてくると思います。

大切なのは、側転になれていき、余裕を持つことで、足を伸ばすということを意識することです。

車輪のように体をX軸にして回転しているイメージを持つと、コツがつかみやすいかもしれません。

側転の練習のコツは??

側転をキレイに回るコツは3つです。

手をなるべく遠くにつく

遠くの床に手をつくだけで、足が伸びやすくなります。

逆を言えば、手が体に近いと足が曲がりやすくなります。

手と手の間をしっかりと見る

頭も直立の状態で回る人が多いですが、視線を下げて、顔が下を抜向くようにして回ると、直線状にバランスを取りやすく、腰や足が曲がりにくくなります。

これも逆を言えば、直立の状態で体の正面に顔が向いていると、景色が回り、重心がまっすぐにとりにくく、足が曲がりやすくなります。

床を見て、情報を遮断するだけで足を伸ばすことを意識しやすくなります。

足をキレイに伸ばす意識をする

始めのうちは回ることで頭がいっぱいで、足まで意識が回らないと思いますが、練習を重ねることで側転している間も意識できるようになります。

誰かに動画を取ってもらう

誰かに動画を取ってもらうと、自分の様子を客観的に見ることができ、自分がどんな形で側転をしているのかわかりやすくなります。

そうすると、改善点やイメージなどがつかみやすくなるので、大変おすすめです。

まとめ

結局は練習するしかありません!

毎日少しずつでも続けることで、体の使い方や重心の取り方、足が伸びているかどうかまでわかってくるはずです。

「継続は力なり」ですので、ぜひ挑戦してみて下さいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする