はまぐりの砂抜きは一晩かけずに5分で終わる!?プロも驚きの手法!

スポンサードリンク

雛祭りの時期のスーパーの生魚コーナー。

普段あまりお目にかからないはまぐりが並びますね。

はまぐりの旬は、2月から4月なので、特に美味しい時期ですよね。

一般的なはまぐりの砂抜き方法として、お水に3%程度の塩を入れ、3時間~できれば一晩くらい冷蔵庫に入れておくと思います。

でも一晩なんて待ってられない!

今すぐに使いたいんだ!!

仕事に子育て、家事と、大忙しな主婦には、そんな時間はございません(笑)

そこで今回は、「はまぐりの砂抜きに一晩もかけない時短術」と「はまぐりの砂抜き時短術のデメリット」をご紹介します。

はまぐりの砂抜きに一晩もかけない時短術とは!?

スポンサードリンク

驚くほどに簡単な時短術!!

ホントにあっという間にできてしまうのです!

その方法とは、50度くらいのお湯に5分ほど浸す。

ハイ、おしまいです。

え?

それだけ?

ハイ、それだけなんです。

簡単すぎて、申し訳ないくらい(笑)

時間は5分!

最高の時短術です!!

5分間は湯煎するかお湯を継ぎ足すかして、50度ほどの温度をキープしてください。

浸した後は、はまぐりの表面をさっと洗い流して、調理の準備はオッケーです!

こちらの時短術ですが、「50度洗い」といいます。

この「50度洗い」ですが、時短の他にも、沢山のメリットがあります。

1.はまぐりが砂を吐き出しやすくなる

2.旨味を引き出してくれる

3.加熱しても身が縮まりにくい

4.出来上がりはぷりぷり食感

こんなにもメリットが多いのなら、ぜひ50度洗いをやるべきですね!!

しかしながらこの50度洗い。

とても時短でいいことづくしなのですが、デメリットも・・・。

はまぐりの砂抜き時短術のデメリットとは!?

こんな主婦に嬉しい簡単時短術ですが、一つだけ注意点があります。

この便利な時短術50度洗いは、一晩が5分に超短縮されるという嬉しい方法ですが、鮮度の問題がかかわってきます。

50度のぬるま湯にはまぐりを浸しているので、極端に鮮度が落ちてしまいます。

ですから、必ずその日のうちに調理しきってください。

ちなみにはまぐりの生食は避けましょう。

はまぐりの「アノイリナーゼ」というビタミンB1を壊してしまう酵素の働きが、ノロウイルスなどの菌に感染しやすくしてしまいます。

酒蒸しや焼き物、炊き込みご飯など、なんでもかまいません。

加熱調理をして使い切ってください。

砂抜きのまま冷蔵庫に保存はおすすめしません。

はまぐりのレシピ

Theシンプルなはまぐり焼き

バーバキューなどで、はまぐりを殻のまま網に上げて焼き、蓋がパカっと開いたら、お醤油をたらり。

最高に美味しいです!!

煮物や汁物

はまぐりの身には、旨味たっぷりのエキスが含まれています。

この旨味を活かして、お吸い物やお鍋などもいかがでしょうか。

炊き込みご飯

酒、しょうゆ、みりんの合わせ調味料にはまぐりと、お好みのお野菜を入れた炊き込みご飯。

ジューシーなだしがたっぷりでて、食欲をそそります。

洋食料理にも

パエリヤやブイヤーベース、アヒージョなどの、おしゃれな料理にも大変身します。

まとめ

はまぐり料理は、雛祭りなどのイベントの時でしか食卓には並ばない我が家ですが(笑)

国産のはまぐりは、お高くてなかなか手がでません・・・。

しかし、この50度洗いの時短術を知っておけば、他の二枚貝の砂抜きにも活躍してくれますね。

美味しく簡単に砂抜き時短術!!

まずは雛祭りでのはまぐりのお吸い物で、お役立てください。

砂抜き後のはまぐりは、必ず保存せずに、調理しきってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする