かき氷シロップの残りはこう使え!かき氷シロップのリメイク術!

スポンサードリンク

夏になると食べたくなるかき氷。

いろんな味のシロップを買ったものの、使い切れなかった!というお宅もあるのではないでしょうか。

そんな、余りがちな「かき氷シロップ」を使って作るさまざまなスイーツや、かき氷シロップのあれこれについてご紹介します。

かき氷シロップの残りを使い切るリメイク術

スポンサードリンク

どうしても余ってしまうかき氷のシロップを使った、レシピをご紹介します。

どれも見た目もきれいで楽しめますし、どんな味のシロップでも代用できますので、冷蔵庫にシロップが余っていたら、ぜひ作ってみてくださいね。

定番!シロップで作るサイダー

これはやったことがある方もいるかと思います。

また、お祭りなどで販売されているのも見かけます。

作り方は、残っているシロップをコップに1センチ程度注いだら、あとは市販の炭酸水を注いで混ぜるだけ。

とても簡単ですし、シロップによって見た目も色鮮やかになりますので、少し喉が渇いたときなどにおススメです。

キラキラゼリー

こちらも作り方はとても簡単!

さきほど紹介したサイダーのレシピに、熱湯に溶かした寒天もしくはゼラチンを入れて冷やすだけ。

透明な器に入れてもいいですし、バッドなどで冷やしたあとに好きな形に切って盛り付けても可愛いですね。

さまざまな味のシロップで作れば、夏休みの子どものおやつにも良いと思います。

カラフルクッキー

こちらも簡単に作ることができます。

いつも作るクッキーレシピがある方は、そこに追加するだけでも良いです。

一般的なクッキーレシピに、追加としてシロップを小さじ1程度追加するだけ。

シロップの鮮やかな色や風味がつきますので、イチゴ味やメロン味のクッキーのほか、ブルーハワイのクッキーなど、いつもとはひとあじ違うクッキーを作ることができます。

かき氷のシロップの残りは来年も使える?賞味期限は?

残ってしまったカキ氷シロップのアレンジをいくつか紹介しましたが、実際のところシロップはいつまで使えるのでしょうか。

メーカーや製造元にもよりますが、大体のカキ氷シロップは、開封前で常温保存の場合1~2年は持つようです。

開封してしまうと空気に触れるため、冷蔵庫に入れた状態で約6ヶ月保存可能と言われています。

また、カキ氷シロップの原材料を見ればわかるとおり、そのほとんどが砂糖や液糖などの糖分でできています。

そのため開封後、冷蔵庫に保存したまま1年経ってしまっても、実際のところは腐敗していないことが多いです。

ですが、シロップの中に含まれている香料などは、開封して空気に触れてから徐々に抜けていきます。

1年前のシロップが残っていたから…と、翌年に使用しても、腹痛などは起こらないことが多いですが、風味は落ちているでしょう。

美味しいうちに安心して消費するためには、長くとも半年以内にデザートやドリンクとして活用するほうが良いと思います。

それと、最近ではカキ氷1回分のサイズに小さく小分けされた、ポーションタイプのシロップも販売されています。

この商品には1袋に3種類ほどのフレーバーが入っていて、1食使い切りなので、シロップを余らせてしまうことが多いお宅には、とても経済的です。

同じ味のシロップで何度も食べたい方や、子どもが多いお宅では、通常のものを買うのも良いかもしれませんが、ひとり暮らしの方や、あまり頻繁にカキ氷を食べない方は、ポーションタイプのシロップをおススメします。

まとめ

いかがでしたか。

今まで捨ててしまっていたものも、アレンジで夏らしいドリンクや、デザートに早変わりします。

夏休みなどであれば、余ったシロップを使って子どもと一緒にデザートを作っても楽しいですね。

余ったから…と冷蔵庫に放置したり捨ててしまったりせず、有効活用して、夏を楽しく乗り切りましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする