お盆でも空いてる観光地はここだ!意外な穴場スポットを要チェック!

スポンサードリンク

家族や親族が集まることが多いお盆期間、みんなでどこかに出かけたいと思っても、混んでてなかなか満喫できない…なんてことがありませんか?

穴場の観光地があれば、みんなで楽しい思い出を作ることができますよね。

実はそんな観光地、あるんです!

今回は、お盆でも意外と空いている観光地についてご紹介します。

この観光地はお盆でも空いている!マイナーだけど楽しいスポット!

スポンサードリンク

お盆でも空いてて、満喫できるお出かけスポットがあったらいいのにな…なんて思ったことありませんか。

そんな理想を叶えてくれる、オススメお出かけスポットをご紹介します。

「等々力渓谷」

等々力渓谷は東京都世田谷区にあります。

とても自然が豊かで川のせせらぎが聞こえ、落ち着けるスポットとなってます。

マイナスイオンもたっぷりで、日頃の疲れも癒やされるはずです。

芝生もありますので、お弁当を持参してみんなで食べるのも良いですね。

おじいちゃん、おばあちゃんから、お孫さんまで、年齢に関わらず楽しめるスポットとなってます。

「浜離宮庭園」

汐留から徒歩7分で行ける浜離宮庭園は、周辺に美味しいお店がたくさんあります。

新宿からも徒歩12分で行くことができるので、新宿でショッピングをし、汐留周辺でランチをした後に、浜離宮庭園で休憩なんていうのも素敵ですね。

季節ごとに違った花もたくさん咲いてますので、色とりどりの景色を楽しんでも良いですし、木と湖の綺麗なコントラストを楽しむのも良いと思います。

散歩や休憩などにピッタリの穴場スポットです。

「アウトドアセンター長瀞」

埼玉県にあるこちらの施設、近隣に住んでる方でも知らない方がいらっしゃるのではないでしょうか。

荒川が流れるこちらのスポットは、ラフティングができます。

ラフティングをして身体を動かしたあとは、BBQを楽しんだり施設内の温泉に入ったりできる、有意義な過ごし方もできます。

関東近郊にお住まいの方は、宿泊をしなくても日帰りで思う存分楽しめるスポットとなってますので、ぜひ行ってみてください。

お盆でも空いている観光地に行きたい!混雑回避のコツ!

先程まではお盆でも空いているオススメの穴場スポットを紹介しましたが、訪れたい場所が決まっている場合、少しでも混んでいない時に行くにはどうすれば良いでしょうか。

時間やお盆期間によって、少しでも空いている時間に行くにはコツがあります。

まず、お盆期間が8月13日から15日として説明します。

前日からお盆初日、お盆最終日から翌日までは、移動日に充てることが多いでしょう。

ので、高速道路や飛行機、電車や新幹線などは混雑します。

つまり、この日のお出かけスポットは比較的空いていて、ゆったり楽しめるのです。

行きたい場所は決まっているけど人混みは回避したいという方は、この日に行くと比較的空いていると思われます。

お盆期間中の13日から15日は、みな、さまざまな場所へ出かけます。

どこに行っても混んでる…ということになりがちです。

特に、なか日である14日はお出かけスポットが一番混み合うので、この日は避けた方が無難です。

また、お盆期間中の13日から15日であっても、早朝から午前10時頃までと、午後8時頃から深夜までは、小さな子どものいる家族連れは比較的少ないです。

時間に限らず行けるお出かけスポットであれば、この時間に行くというのもひとつの手段です。

このように、出かけるスポットや日付、時間によって調整すれば、人混みが苦手な方も混雑を回避して上手く出かけることができるのです。

まとめ

いかがでしょうか。

人混みが苦手だからお盆期間中は外出したくない、という方もいるかもしれません。

ですが、せっかくのお休みですから、少しでも混雑を回避する工夫をして、休日を有意義に過ごすのも楽しいかもしれません。

自然豊かな場所に行けばきっと、日頃の疲れも癒やされるはずです。

みなさんも、上手く予定を調整して、楽しいお盆休みをお過ごしください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする