アイロンのかけ方!スチームの使い方!覚えておきたいアイロン知識!

スポンサーリンク

シャツやTシャツ、ハンカチなどアイロンをかける機会はありますよね。

 

形状記憶のシャツやシワが気にならないシャツなども発売されていますが、

まるっきりアイロンがけをしないで生活をするのは難しいもの。

 

アイロンがけってなんとなく行っていますが、ちゃんとした使い方は覚えていますか?

 

家庭科の授業以来、詳しく使い方を教えてもらっていない方も

今回でアイロンの使い方をおさらいしましょう。

 

アイロンのかけ方は!?

スポンサーリンク

まずは準備!必要なものをそろえよう

 

・アイロン

・アイロン台

・あて布

 

この3つをそろえましょう。

 

アイロン台は立派なものだとアイロンがけしやすいですが、今は手にはめて使うタイプのものも販売されています。

 

スペースや用途に合わせてお好きなものを選んでください。

また、あて布はとても重要です。

 

ハンカチなどでも十分ですので、必ず用意するようにしましょう。

 

低温?中温?高温?適切な温度とは

 

アイロンには3種類の温度が選べるようになっています。

 

低温は80度~120度

中温は140度~160度

高温は180度~210度

 

洋服によって適切な温度を守らないと、生地が傷んでしまいます。

 

麻や木綿は高温、ナイロンやポリエステルなどは中温、ポリウレタンなどは低温が適切な温度とされています。

 

ドライ?スチーム?使い分けかたは?

基本的に使用するのはスチームです。

折り目をつけたり、シワを取ったり、洋服をきれいに仕上げたいときに使用します。

 

反対にドライは、生乾きの薄い布にアイロンをかけるときや合成繊維にかけるときぐらいですね。

 

迷ったらスチームでアイロンをかけるのがいいでしょう。

 

アイロンのかけ方

まずは洋服をアイロン台に広げましょう。

布が重ならないように気を付けてください。

 

コツは、細かい部分から広い方へアイロンをかけていきます。

襟袖から身頃へという順序です。

 

また、アイロンをかける際は、布を引っ張りながらかけると、綺麗にアイロンがかかってシワもなくなります。

 

プリーツがある場合は、綺麗に折りたたんでからアイロンをかけましょう。

アイロンをかけ終わったら、ハンガーにつるすのをおすすめします。

 

温かい状態で畳んでしまうと、シワになってしまいせっかくのアイロンがけがムダになってしまいます。

アイロンスチームのうまい使い方

 

どんなに頑張ってもシワがうまく伸びない…ということもあるはず。

そんなときは、スチームを多めに当てましょう。

 

スチームをスポット的にあてるボタンは、ほとんどのアイロンについています。

 

プシューっとシワが気になる部分にあてて、アイロンをかけると

スッキリとシワが取れますよ。

 

また、スチームは熱いから苦手という方は、アイロンがけ用のスプレーが販売されているので

そちらを使うのもおすすめ。

 

軽い力でシワがとれるので、アイロンがけが多い方はぜひ使ってみてください。

 

アイロン台がいらない?夢のようなアイロン

 

 

今は、アイロン自体が発達していて、ハンガーにかけたままアイロンがけができるものもあります。

 

スチームが通常よりも多く出る仕組みなんですが、これがかなり便利です!

 

シャツのシワを取るのももちろんですが、ブラウスをふんわりさせたり、ジャケットのシワや臭いとりなどマルチに活躍できます。

 

ブラウスは、アイロン台に置いてアイロンをかけると変にシワが出来て大変ですよね。

また、いちいち準備するのがめんどうという場合もこちらがおすすめ。

 

さらに普通のアイロンよりも軽いので、一人暮らしの方にはおすすめです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

やり方さえ覚えれば、実は簡単なアイロンがけ。

 

今は簡単に使えるアイロンも販売されているので、

自分にあった種類を選んでみてくださいね。

 

スチームアイロンは精製水を使うべき!白い粉が大量に出る原因とは!?

正しいアイロンの使い方を完全解説!水って精製水?水道水?

布団のダニ退治するにはコインランドリーが最適だった!?

スポンサーリンク